永山祐子+竹中工務店による複合施設「女神の森 セントラルガーデン」

Yuko Nagayama, Neoplus Sixten Inc.
21. 11月 2016
Photo by Neoplus Sixten Inc.

永山祐子建築設計+竹中工務店による「女神の森 セントラルガーデン」の内覧会に行ってきました。山梨県・小淵沢駅から徒歩30分程の場所。

建築面積2,787m2、延床面積5,385m2。S造+RC造、地下1階、地上2階建て。敷地近くに本社を持つ自然派化粧品会社のホール・研修施設・カフェなどの複合施設。
永山事務所はデザインアーキテクトとして、竹中工務店は設計施工を担当した協働プロジェクトだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

敷地は南北に緩やかに傾斜し8m程の高低差を持つ。
ホールやその他の要素を一つのボリュームに納めてしまうと大きくなり、周囲の森に対して違和感がある。機能を分節し、ボリュームをできるだけ小さくしながら、それらを廊によって繋ぐ構成とした。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

南北を貫く抜けが3本、そして東西も貫く多くの抜けにより、周囲が豊かな森ということを全面で享受。明治以降に植林されたアカマツの森だが、今回、地域本来の植生を再編集し、花や紅葉の色づきでエリアごとに植樹したという。四季折々に彩りを変える植物を「森のカラーパレット」に見立て、各開口から内部に取り込むことができる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 左のアスファルトは車寄せへ通じ、歩行者は草木の間を巡る遊歩道を通ってアプローチする。遊歩道は二手に分かれ、左はホールや研修室へ。右は一般の利用も可能なカフェへ通じる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 カフェに向かう途中、北端の多目的スペースから中庭を挟んで南端のホールまで、緑、室内、緑、室内、緑とレイヤー状に見通すことができる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

カフェのエントランス。カフェは後ほど紹介。
(永山さんのお子さんも見学に訪れた)

Photo by Neoplus Sixten Inc.

アプローチからも同様に、北から南を一直線に約90m見通せる。
1階の外壁はアスロック(押出成形セメント板)だが、あえてムラのある裏面を使い、職人の手作業によるオリジナルの「森綾」柄を表現。
上部にはリブ付きアスロックのリブピッチと合わせた格子を組み合わせた「森綾」をアルミキャストで表現し、さらに上の一番高い層は空の雲模様と馴染むようにムラのある塗装を施すなど、森との親和性を高めるためフラットな表情を避けた様々な心遣いが伺える。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 アプローチを見返す。天井のステンレス2B材に映り込む遊歩道。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 車寄せから見るエントランス。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 エントランスから多目的スペースへ。筆者背後の緑地と、中庭に挟まれたランドスケープの一部のような空間だ。この空間は間仕切って使うこともできる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 南北の開口部分には温水式ペリメーターヒーターの吹き出しと、小さい方は自動開閉式自然換気の吹き出し口。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

多目的スペースを抜け、インフォメーションスペースは「森綾」を横使いにした書棚がアクセント。この後照明が付き書棚を照らすそうだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

カフェ。4面ほぼ全面開口で、中庭と森に囲まれた贅沢な空間だ。
敷地は下がっていっているので、カフェの奥に進むに従って地上0mから5mへと森の高さが変わっていく様子が楽しめる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

天井は低めで水平方向の広がりが強調されている。
天井にも「森綾」。敷地を覆っていたアカマツを伐採後、製材し利用している。
自家農園の野菜を使った体に良いこだわりメニューで、来春オープン予定。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

テーブル類はオリジナルデザイン。写真のテーブルは丸みのある木の葉をイメージした。
またソファのファブリックはオリジナルで、この後紹介するホールの壁面にも使用されている。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 一度多目的ホールに戻り2階へ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 左右の天井と連続するような階段。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 階段を上がると研修室のロビー。天井のツートンはホールのホワイエにも踏襲される。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 研修室は300人収容

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 中庭側の開口は、ルーバーを介した柔らかな採光を行っている。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 ルーバーに近付くと「森綾」柄。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 アルミのダイカスト製で、アルミがうまく流れるように型の微調整が繰り返されたそうだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 1階へ降り、「屋外ロビー」と名付けられた廊を通ってホールへ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

ホール ホワイエ。研修室のロビーで見られた色のツートンはここでは、ダークカラーでテクスチャーのツートンで仕上げられている。
(照明は最小限にされた状態)

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 振り返るとアプローチ方向の抜け。ハイサイドから光と森を一手間掛けて取り込んでいる細やかさ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

南端の開口からは水面に映る森を逆さまにしたような光景がみえる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 足元の微妙な反射は洗い出しされた黒玉砂利。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 所々横方向にもピクチャーウィンドウのような抜けが設えられている。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 ホールは700人収容。正面ステージの背後は暗幕を開放し中庭に連続する。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 座席の背後も全面開口。秋が深まり始めた(取材時10月)小淵沢では早くもクヌギやコナラが色づきだしている。木々が育った数年後の秋は一面黄金色の景色になるそうだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 可動式の座席はよく見ると「森綾」のオリジナルファブリック。壁もオリジナルのファブリックでカフェのソファに使われていると前述。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 ステージの背後。暗幕とガラスの前面にロールスクリーンも備わる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 楽屋廊下。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 楽屋ロビー。バックヤードでも要所要所で森を取り込んでいる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 地下搬入口。左の壁にも敷地から伐採したアカマツから、木毛セメント板を製作して使用している。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 舞台下倉庫の巨大な迫。

Photo by Neoplus Sixten Inc.
Photo by Neoplus Sixten Inc.

このカテゴリ内の他の記事