コクヨの複合施設「THINK OF THINGS」

Neoplus Sixten Inc.
26. 5月 2017
Photo by Neoplus Sixten Inc.

5月26日にオープンするコクヨ直営の複合施設「THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)」の内覧会に行ってきました。場所は千駄ヶ谷、JR原宿駅竹下口より徒歩3分。

敷地面積432m2、建築面積245m2、延床面積612m2、地上3階建。
1階には賑わいを生み出すショップとカフェ、2階はワークショップやイベントで新たな試みを検証する場所、3階には企画開発を行うオフィス及びプロジェクトルームを配置。社会のニーズを感じながらスピード感のある商品、業態開発を実践する。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

コクヨが建築企画・店舗デザインをした新築ビル。オーナーは別なのでテナントとして入ったかたちだ。
接道からセットバックした建物。閉じすぎず外部と緩やかにつながるファサード。シンボルツリーのカリンをはじめ、グリーンを取り入れながら街に溶け込むような佇まいを考えた。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

前庭は街に広場を提供するようなちょっとした溜まりだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

1階〈CASE〉
手前からカフェ、ライフスタイルショップ、くつろぎスペース、そして裏庭へと続く。カフェは三軒茶屋のロースター、OBSCURA COFFEE ROASTERSによるプロデュース。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

ライフスタイルショップでは、生活と仕事の双方に「刺激や発見をもたらす道具」という視点でオリジナル商品とセレクト商品を展開。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

帽子箱を思わせる紙筒にアルミのトレイを載せたサイドテーブル「HAT BOX TABLE」。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

コクヨのロングセラー商品キャンパスノートや、筆箱や小物入れになる丸筒などを、生活シーンでも使えるようにアップサイクルしたアイテム。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

「カドケシ」などコクヨアワードから商品化されたアイテムを集めたコーナー。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

ノートや測量野帳への名入れサービス(有料)もある。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

奥のくつろぎスペース。クリエイターの事務所が多いエリアであるため、飲食の場としてだけでなく、プロダクトを見たり、考える場所、打合せ場所などとしての利用を促す構成とした。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

プライベート感のあるテーブル席も。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

裏庭。近隣に住宅が密集しているため塀で囲われているが、小さな都会のオアシスのようだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

庇の付いたベンチスペースが設えてある。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

樹齢100年以上のオリーブを主役とした植栽はソウアトリエが担当。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

エレベーターもあるが前庭から螺旋階段で2階へ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

2階〈TOT STUDIO〉
多目的に使われるスペースで、トークショーやワークショップなどを開催していくそうだ。レンタルも可能。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

2階からファサードの裏側を見る。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

3階〈コクヨオフィス〉
商品開発チームを含む30ほどの固定席に加え、フリーアドレス席も用意されている。ワークスペースから仕切られたスペースには、ロッカー、作業台、コピー機など。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

3階にはバルコニーもあるので、外での打合せも気持ちが良さそう。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

さらに屋上にはキッチンも設えてあり、イベント、撮影、バーなどとして活用される予定。

創業以来112年、文房具とオフィスファニチャーを中心に、人々の「働く」「学ぶ」フィールドをサポートしてきたコクヨ。THINK OF THINGSでは「ライフとワークの境界を越える」をテーマに「働く」「学ぶ」に留まらず、「暮らす」という視点を加えた新しい価値の提供と、ショップ名が表す通り、道具を手に取りながら”モノ/コト”について考えられる場所を目指す。

このカテゴリ内の他の記事