大田聡による横浜の複合施設「Tinys Yokohama Hinodecho」

Neoplus Sixten Inc.
14. 5月 2018
Photo by Neoplus Sixten Inc.

大田聡(office OTA.)による横浜のトレーラーハウスを用いた複合施設「Tinys Yokohama Hinodecho(タイニーズ横浜日ノ出町)」を見学してきました。
動産・タイニーハウスのメディア運営や企画・開発を手がけるYADOKARIと、京浜急行電鉄が連携し、高架下でタイニーハウス(ちいさな家)を活用し展開する複合施設で、カフェ・イベントスペース、ホステル、水上アクティビティステーションからなる。
大田聡さんは、成瀬・猪熊建築設計事務所へ務め、2015年に独立した。

 日ノ出町駅から数分の京浜急行の高架下を利用。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 Y-GSA飯田善彦スタジオと、SALHAUSが協働で手掛けた「日ノ出スタジオ」の隣だ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

高架下左から、水上アクティビティ「Paddlers+」、カフェ・イベントスペース「Tinys Living Hub」、ユースホステル「Tinys Hostel」が並ぶ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 目の前には大岡川が流れる。水上アクティビティを楽しむ場合はこの桜桟橋からSUP(スタンドアップパドル・サーフィン)などで繰り出すことができる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

高架下に納まるタイニーハウス。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 タイニーハウスは全てトレーラーハウスで、車台に既製の貨物コンテナを載せて造られた。つまりトレーラーハウスが “駐車” されている状態なので、建築物には当たらず建築確認を必要としないのだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

Tinys Living Hub(タイニーズリビングハブ)。カフェ&バーであり、イベントスペースで、タイニーズ横浜日ノ出町の中心となり、街に開かれたコミュニケーションスペースとして誰でもご利用できる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 またトークセッションやワークショップ、マルシェなどユニークなイベントを開催。
5月24日には世界中で展開している「ペチャクチャナイト」の横浜版、「ペチャクチャナイト横浜 vol.10」も開催され、設計者の大田聡さんも登壇し本件についてプレゼンする。
https://www.facebook.com/pkyokohama/

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 オフィス兼厨房兼バーカウンターも、コンテナの側面をくり抜いて作られている。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

Tinys Hostel(タニーズホステル)。バーカウンターと同じコンテナの反対側がフロントになっている。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

宿泊用のタイニーハウスは3棟(台)で、それぞれ異なるデザインとなっている。1棟につき4人宿泊できる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 1棟目はウロコ張り。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 20フィートサイズのコンテナは6m×2.4mだが、断熱や仕上げで内寸は2.2m。ドミトリータイプで2段ベッドが2台。
男性だけ、女性だけの4名でシェアするか、仲間や家族だけで1棟を借り切ることもできる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 反対側にはミニキッチン、トイレ、シャワー。切妻屋根の小屋のような雰囲気だ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 コンパクトな空間であるため、各棟は両サイドに大きめの開口を設けた。隣も見えるが互いの雰囲気が分かり楽しい。もちろんロールスクリーンも降ろすことができる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 2棟目は下見張り、3棟目は焼き杉の縦張り。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 こちらは両棟がデッキで繋がっているのでグループで借りると面白そうだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

 明るくカジュアルな雰囲気と、、

Photo by Neoplus Sixten Inc.
Photo by Neoplus Sixten Inc.

 ダークで落ち着いた雰囲気だ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.
Photo by Neoplus Sixten Inc.
Photo by Neoplus Sixten Inc.

左から京浜急行電鉄の小林雄大さん、大田聡さん、YADOKARIの相馬由季さん。
「トレーラーハウスでの宿泊施設は法的なハードルがある一方で、外装材が自由になるといったメリットもあります。木や砂舗装などの素材を多く使用し、樹木を配置することで、高架下の独特な雰囲気を変え、地域にひらけたスペースになるように設計しました。」と大田さん。

【Tinys Yokohama Hinodecho(タイニーズ横浜日ノ出町)】
設計監理:office OTA.
施工:DDD inc.
URL:http://tinys.life/yokohama/

このカテゴリ内の他の記事

hotel Siro
1 month ago
角花
on 2020/06/19
茶室ryokan asakusa
on 2019/08/13
Hamacho Hotel
on 2019/02/15