イベント

26. 7月 2017
横浜市, Japan
Events
タツミプランニングでは、小学生の皆さんを対象に「大工さん体験&新聞づくり」のイベントを開催します。大工さんが作り上げる、建築中の“家(住宅)”を実際に見て、体験して、それを1枚の新聞にまとめてみよう! 家づくりの現場では、大工さんや家づくりのプロに、“家がどうやって作られているのか”を教えてもらって、実際に大工さんのお仕事をやってみよう。皆さんの疑問...
まで  29. 7月 2017
東京都, Japan
Events, Exhibitions
AGC旭硝子は昨年、一昨年に続き、今年4月に世界最大規模のデザインの祭典「ミラノサローネ」(4/4~9)に出展しました。3年目となる今年のテーマは「Touch」です。 当社のガラス加工技術とクリエーションパートナーによる新たな発想のコラボレーションによって、従来のガラスのイメージを覆す、ガラスの持つ触感に着目した作品を展開しました。 本展はその帰国展として、ミラノでの展示を再構成してご紹介します。 プロダクト・建築・インテリア・空間演出を手掛ける多くの方にガラスの進化や新たな可能性・活用方法...
30. 7月 2017
東京都, Japan
Events, Exhibitions
広島県の「魅力ある建築物創造事業」に係る情報発信の一環として、「『学びの変革』を先導的に実践する学校」の建築をより知っていただくために、展覧会及びトークイベントを開催します。 トークイベントでは,本プロジェクトに携わっていただいている建築家として、宇野享氏,土井一秀氏,内藤廣氏,ファシリテーターとして建築批評家の五十嵐太郎氏をお招きします。ぜひ、この展覧会・イベントに、ご参加ください。 
まで  6. 8月 2017
岡山市, Japan
Exhibitions
岡山県備前市に建つ国宝の講堂(1701)を中心とした建築空間、ランドスケープを、2016年の初夏と秋の2回に渡り撮り下ろしました。 その刊行を記念して二つの会場で順次写真展を開催します。(東京展は終了しました。)
まで  13. 8月 2017
小平市, Japan
Exhibitions, Lectures
モダニズムの盛期1950年から70年代に数々の名建築を手がけた芦原義信の活動の軌跡を、武蔵野美術大学所蔵「芦原義信建築資料アーカイブ」の図面、写真、模型によってたどる。本学キャンパスなど代表作11点の紹介に加え、米ハーバード大留学時代の課題図面など貴重な資料も展示。全作品300件のデジタルデータ、タイムラプス映像、撮り下ろしの建築写真によって、建築アーカイブのあり方も提言する。 【会期中のイベント】 講演会「芦原義信建築アーカイブについて」 日 時|2017年5月27日(土)16:00-17:3...
18. 8月 2017
大阪市, Japan
Lectures
建築レクチュアシリーズ 217では、伊東豊雄さんをゲストスピーカーに迎え、講演していただきます。
5. 8月 2017
-  22. 8月 2017
東京都, Japan
Events, Exhibitions
「アジール・フロッタン」(浮かぶ避難所)は、ル・コルビュジエが世界救世軍の依頼でデザインし1929年に完成した、難民を収容するための船です。ノートルダム大聖堂の上流1km地点にあり、今もセーヌ左岸に浮かんでいます。2017年末に一連の補修工事が終了し、再び内部を見ることが可能となります。世界遺産登録1周年を記念して、このアジール・フロッタン再生プロジェクトを紹介する展覧会を開催します。 〈プレイベント〉シンポジウム「ル・コルビュジエが見た争乱・難民・抵抗」 (1)...
25. 8月 2017
東京, Japan
高断熱高気密は夏暑いのか?! 多湿なアジアを本気で省エネ化するプロジェクトが遂に発足。 エアコンの無いエコハウスは本物か? 給気冷房 VS 小屋裏エアコン? パッシブデザインは新たなステージヘ。 オーバーヒート間違いなし  It s gonna be hot... 「第1回パッシブハウス アジア・カンファレンス2016 in...
まで  27. 8月 2017
東京都, Japan
Exhibitions
朝起きてから寝るまで、私たちはたくさんの道具を使って暮らしています。一体だれがどうやって考え、どのようにつくり、そしてどんな人が使うのでしょう。本展では、この素朴な疑問を、無印良品とアートユニット明和電機が作った道具をくらべることで、来場者のみなさんと考えてみようと思います。ふだん、見過ごしている何の変哲もないことに、実はものすごいことが潜んでいるのかもしれません。そしてそれに気がついた時、ちょっと面白い世界が、みなさんを待っているのです。
まで  1. 9月 2017
東京都, Japan
Events, Exhibitions
ツバメアーキテクツでは現在、ソーシャル・テクトニクス(社会的構法)という方法論を実践しています。本展では、その思想を示すドローイングと模型や実物家具をご紹介いたします。 【会期中イベント】 7月23日19時30分~21時  ツバメゼミ001「社会構築について」 ゲスト:藤村龍至氏(東京藝術大学准教授/建築家)   8月6日19時~21時 ツバメゼミ002...
まで  8. 9月 2017
東京都, Japan
Lectures, Education
当塾は、学生や若手建築家の育成を目指す家族的雰囲気の寺子屋のような個人建築塾です。楽しい仲間たちと一緒に、真の意味での建築に触れていただきたいと願っています。 01:【応募資格】 一切不問 02:【コース】  実務プロコース / 設計演習コース / 卒業設計・修士設計コース / アルゴリズム建築コース /...
まで  10. 9月 2017
東京都, Japan
Exhibitions
東京藝術大学は今年、創立130周年を迎えます。これを記念し、大規模なコレクション展を開催します。 東京美術学校開設以来、積み重ねられてきた本学のコレクションは、国宝・重要文化財を含む日本美術の名品ばかりではなく、美術教育のための参考品として集められた、現在では希少性の高い品々や、歴代の教員および学生たちが遺した美術学校ならではの作品が多くあることが特徴となっています。 本展では、多様なテーマを設けて、すでに知られた名品だけでなく、これまで日の目を見ることの少なかった卒業制作などの作品、模写、石膏像や写...
まで  10. 9月 2017
石巻市, Japan
Events, Exhibitions
会場構成:藤原徹平 <コンセプト> 未来の暮らしの循環をつくる試み 牡鹿ビレッジ 〇災害対応期を乗り越え、復興期に入っていく牡鹿半島への暮らしの拠点の提案 〇山から海までを神の庭、祭りの庭、生活の庭、漁の庭、海の庭、祈りの庭として有機的に考えていく 〇建築は、あくまで庭に寄り添う人間の居場所として考える
15. 9月 2017
大阪市, Japan
Lectures
建築レクチュアシリーズ 217ではゲストスピーカーに栗尾明さんを迎え、講演していただきます。
まで  24. 9月 2017
東京都, Japan
Exhibitions
本展は、2016年に世界文化遺産に登録された国立西洋美術館の本館をとりあげ、ル・コルビュジエがその設計の過程で描いた習作図面をもとに彼の本館構想のプロセスを紹介するものです。 ル・コルビュジエは建築を設計する際、研究を重ねたうえでプロトタイプ(基本型)を作成し、実際に建設される敷地や環境に応じてプロトタイプに変更を加えて完成させるという手法を用いました。所蔵品の増加とともに展示室を増築していくことを基本理念とするプロトタイプ「無限成長美術館」をもとに、彼は松方コレクションを収蔵・展示するための美術館...
まで  1. 10月 2017
東京都, Japan
Exhibitions
つくることの喜びとともに壮大なプロジェクトに向かって歩みを進める表現者たち。そこには強い意志と 情熱、数多くの試行錯誤、そして行動する決断力があります。彼らが実現する作品は私たちに新しい 体験をうながし、これまで思いもつかなかった楽しさと価値観に気づかせてくれます。 本展では、そんなクリエイションが持つ特別な力と、そこから広がっていく喜びを伝えます。
5. 10月 2017
東京都, Japan
Lectures
国立新美術館開館10周年「安藤忠雄展―挑戦―」(9月27日から12月18日)を記念し行う当講演会のテーマは「可能性を求めて」。常に挑戦し続ける安藤氏が、建築作品への取り組みの姿勢や制作プロセスを交えながら、次世代を担う人々に向けたメッセージを語ります。
まで  29. 10月 2017
東京都, Japan
Events, Exhibitions, Lectures
本展は日本の建築家56組による75件の住宅建築を、400点を超える模型、図面、写真、映像などを通して紹介する壮大な試みです。 時系列ではなくテーマごとの展示になっているので、「日本の家」の特徴を深く理解いただけます。 2016年秋からローマ、ロンドンを巡回し、いよいよ東京で開幕します。 本展のポイント …… テーマに分類して様々な視点から検証           日本の建築家56組による75件の日本の住宅建築を、400点を超す模型や手書きの図面、写真、映...
ページ 1 of 1 ページ