LL house

--愛でられる建物--
フォルム至上主義というわけではないが、どのような建物でも周辺の環境と結果的に影響し合うのであれば、当然のことながら人びとに愛でられる建物(造形物)であるべきだと思う。その時の建主だけでなく、さまざまな人に親しみを持たれる建物であれば、たとえ建主が変わったとしても、建築として引き継がれていくと考えるからである。

【japan-architectsブログ 掲載】
LL House

Contatta quest'ufficio

Categoria
  • Architetti
Sede
Kanagawa
Impiegati
4
Website
www.yuji-tanabe.com
Fondato
2008