Progetti

WhO

NOSIGNER/Creators

whohw.jp/products/creator/nosigner

WhO

松延総司/Creators

アーティスト 松延総司のデザイン。「黒色/影を身体的な描線で捉え直した、図案としてのコンセプチュアルアート。近づけば手書きの線、離れればモアレのような複雑な模様、行為としては「塗りつぶし」や「取り消し=無」を表す。 黒から白の間に無限の階調(グレースケール)が存在するように...

WhO

ひがしちか/Creators

日傘作家・ひがしちかのデザイン。パネルタイプからリピートタイプまで、シチュエーションごとの対応が可能なラインナップとなっている。 whohw.jp/products/creator/chika_higashi

DABURA.m

ガレリア御堂原

大分県別府市, 2020

体験価値を高めるサイトスペシフィックホテル 1900年に大分・別府で創業した関屋リゾートを事業主として誕生したホテル。扇状地のエッジを成す断層崖の上に立ち、湯けむりの街並みと別府湾が見晴らせ、35室の各室で掛け流しの温泉と景観が楽しめる。温泉と宿泊機能を中心としながらも、...

DABURA.m

WALL DEN

大分県大分市, 2018

林立する壁に孔を穿ち住まう この住宅は、緩と急の上り勾配で二股に分かれる道の間の土地に建つ。敷地の形状は、細長く不整形。この立体的に捩れたような土地に、ランダムに複数の壁が生えては消え、消えては生える光景を思い浮かべた。その壁の群れに、ある瞬間に号令をかけて停止させる。そ...

DABURA.m

大分銀行赤レンガ館 空間再生

大分県大分市, 2017

「辰野建築」を「クリエイティブハブ」へ 「大分銀行赤レンガ館」は近代日本建築史における重要な文化財であると同時に、近代大分の歴史を証する貴重な建築物である。これまで多くの努力が払われて保存活用がなされて来ており、それは大分市民の誇りとして受け継がれてきた。今回クライアントの...

DABURA.m

bamboo bamboo

大分県別府市, 2014

ショップのモードに応じて変化する空間什器 大分県別府市にある竹細工作家の作品を中心に扱うセレクトショップ。空間に直方体で中空の「ステージ」を設定。この直方体のステージは不揃いなストライプ状に分割できるようになっている。それぞれのパーツは壁や天井と同色で塗装されており、空間...

DABURA.m

滝山団地Y邸

東京都東久留米市, 2014

小さな区画に仕込まれた、奥へと広がる空間 団地は老朽化や高齢化が問題となる一方で、時を経て住環境として成熟してきており、空間再生の対象として価値は大きい。住環境として見直されるべき点は多く、空間再生の対象として価値は大きい。今回対象の団地住戸は、ご主人が生まれ育った住戸で...

DABURA.m

STREET RENOVATOR

大分県大分市, 2013

まちに緑や奥行きを与える建築 大分市の市街地にある事務所ビルと住宅の複合建築、人口減少局面における、豊かな都市空間の在り方を考えてデザインした。成長局面にある都市では、ストリートを形作る建築物は、沿道を埋め尽くして壁のように密度高く立ち上がる。そしてそのような都市が縮退局...

n o t architects studio / Tetsushi Tominaga Architect & Associates

scoop landscape house

Tokyo, 2022

APOLLO / 黒崎敏

INFINITY

沖縄県国頭村, 2021

普段は北海道で暮らすクライアントが週末やバケーションを過ごすセカンドハウスがあるのは、沖縄の北部にある「GUSHIKU MUI」というマウンテンエリア。丘の上からは目前に広がる広大な海の景色と、背面にそびえる雄大な山の空気感を存分に楽しむことができる。  1階玄関から入ると...

エイバンバ

千石町通り商店街の家

富山県, 2021

「足りないものは、その都度商店街で手に入れる。」 自らも雑貨店を営み、物と生活のありかたを丁寧に考えながら暮らす家族のための住宅である。 住居の範囲を少し商店街に拡張してとらえることで生まれた、ワンルームの空間の中は、水廻りなどの最低限の閉じた部屋以外は、スノコ床や障子であ...

Susumu Matsushita Architecture & Lighting Design Labo.

JR Shinjuku Miraina Tower

Tokyo, 2016

This is an office tower with the architectural design concept of water scenery in harmony with nature. With the station directly connecte...

IKDS

n-HA1 Forecity Higashiazabu

Minato-ku Tokyo, 2004

IKDS

Keio Futsubu School

Yokohama, Kanagawa, 2001

IKDS

Garden Passage Hiroo

Shibuya-ku, Tokyo, 2001

株式会社ワークテクト

鮨しのぶ

東京・恵比寿, 2017

こぢんまりとした隠れ家的な鮨屋です。主役である鮨を邪魔しないよう、新鮮な魚がよりおいしそうに見える照明を心掛けました。

ihrmk

はつせ三田

東京都港区, 2019

大きな家 一般的に、オーナー住戸付き賃貸住宅は最上階にオーナーが住み下階を賃貸住戸とすることが多い。ここでは再開発で引越しを余儀なくされたオーナー一家のために、設えられた「オーナー住戸」に皆で住むのではなく、将来の家族構成や社会の変化に耐えられる新たな住まいを提案することと...

ihrmk

バイパスの湾処

愛知県日進市, 2019

湾処(ワンド) 敷地は日進米野木駅前特定土地区画整理事業として整備が終わったばかりの、建物や人が徐々に集まる新しい住宅地の一角で、30メートルに拡幅された交通量の多いバイパスに面している。 広々と造成された周辺環境に対してどのような構えの建物とするか。 魚などの水生生物の...

ihrmk

ひな壇基礎の家

愛知県日進市, 2017

斜面に寄り添うひな壇基礎 敷地は市内を見渡せる小山の中腹。斜面に合わせた、ひな壇状の断面形状を持つ「ひな壇基礎の家」である。 このひな壇基礎は斜面に沿う形で東から西へ80cmずつ下がる3段で構成した。そして、水廻りを含めた住宅の諸機能を配置した2階を東西へ各々1.8m張...

ihrmk

素木地の治療院

愛知県豊田市, 2016

素木によって素地の間をつくる 豊田市内の大きな国道沿い、所謂ロードサイドの風景が広がる場所に建つ小さな治療院である。 ここでは1階床はベタ基礎による土間あらわし、2階床は構造面材としての杉無垢板パネルをそのまま使用。1階2階の天井はそのまま梁あらわしとして仕上げを省き、...

ihrmk

はなれのはなれ

東京都港区, 2015

都市の小地形に棲む このプロジェクトの「敷地」は東京都心部に建つ築35年のRC造医院併用住宅の一角にある車庫と、近接するワンルームマンションの一室である。 車庫を、仕事場を兼ねた居間のある土間へと改変し、ワンルームマンションを寝室として賃借、それらをつなぐ道路を大きな外廊...

ihrmk

風景を通す家

愛知県豊田市, 2014

農業振興地域に指定された棚田が南と西に大きく広がる敷地に建つ、家族3人のための住宅である。 南から北へ段々と下がる棚田のつくる断面的環境と、西へ望む鎮守の森へと続がる平面的環境を持つこの敷地に対して、1階では南北への抜けを、2階では東西への抜けを作ることとした。壁、床、天...

STGK Inc. | studio gen kumagai

JR Yokohama Tower

Yokohama, Kanagawa, 2020

"Finding your place at Yokohama station" JR Yokohama Tower is part of a reconstruction project and the landmark structure for the west e...

添田建築アトリエ/添田貴之

きぬばし薬局

栃木県宇都宮市, 2012

既存のクリニックに道路をはさんで隣接する調剤薬局の計画。 敷地は郊外の市街化調整区域で、南側には幹線道路が通り、駐車場・調剤薬局・住宅の順に配置されることが前提であった。 駐車場と調剤薬局の間には高さ1m程の段差があり、駐車場の安全性や法規を考慮して段差部分には頑丈な塀をた...

小山光/Key Operation Inc.

関内の集合住宅

神奈川県, 2021

関内駅から徒歩3分の不老町の交差点に面する角地に計画された集合住宅。 この敷地には元々、横浜防火帯建築として知られる「不老町2丁目第一共同ビル」という宮内建築設計による小さな県公社共同ビルが建っていた。交差点を挟んで反対側には横浜文化会館のPFI再整備事業としてメインアリー...

株式会社ワークテクト

シエリアタワー仙台青葉通

仙台, 2021

土地の記憶と、地域の特性をそのまま室内に取り込み、それがまたこの場所の特徴となるようなデザインを心掛けました。照明設計として目指したことは、自然の中で感じる四季の移ろいや日の光と共にある私たちの生活が、室内にいてもそのリズムの中に違和感なく溶け込めるよう設計しました。

Keiichi Hayashi Architect

Taguchi House

Nishinomiya-city, Hyogo, 2013

This small, three-story wooden house is located on a flagpole lot in a dense residential neighborhood. Building codes relating to setback...

n o t architects studio / Tetsushi Tominaga Architect & Associates

Triplet

Tokyo, 2017

n o t architects studio / Tetsushi Tominaga Architect & Associates

Weather House

Tokyo, 2021

In front of the site, there is a large park with lush greenery that serves as a walking path for people. When you are in the park, your p...

n o t architects studio / Tetsushi Tominaga Architect & Associates

Antiquarian Book Shop

Tokyo, 2021

This is an antiquarian bookstore that is located on the first floor of a building facing Yasukuni Street in Jimbocho. We installed only o...

n o t architects studio / Tetsushi Tominaga Architect & Associates

Mannenbasi Takayama Clinic / Mannenbasi…

Tokyo, 2019

Matsuyama Architect and Associates

House with Scenery

Amami, Kagoshima, 2015

MARU。architecture

土佐市複合文化施設

高知県土佐市, 2019

図書館、ホール、公民館、郷土資料展示、社会福祉センター、商工会の6つの機能を合わせた複合文化施設です。 土佐市高岡町は、旧街道である中村街道沿いの市場町として、藩政時代には人と モノが活発に行き交った歴史のあるまちです。現在も商店街を中心に、お祭りや日 曜市などの文化が「...

MARU。architecture

松原市民松原図書館

大阪府松原市, 2019

松原市には、農業用水を確保する為のため池や住宅地の中に点在する巨大な古墳の風 景があります。これらは、人間の手でつくられた「人工物」でありながら、永い時間を経ることで、あたかも「自然物」のように街の日常的な風景となっています。本計画は、ため池の一画が敷地として設定されており...

MARU。architecture

みやこのじょう児童学園

宮崎県都城市, 2019

みやこのじょう児童学園は、こどもの自発性を大切にし、知的活動の基礎となる五感の発達を助ける「モンテッソーリ教育」を展開する認定こども園です。モンテッソーリ教育において、こどもたちがやりたいことを自ら選び取るように、「こどもたちが過ごしたい場所を自ら発見できる」多様な居場所が...

Pagina 1 of 47 Pagine