Be Fun Narimasu Feel CnB

Narimasu Feel CnB by Be-Fun Design,
10. febbraio 2019
Photo by Neoplus Sixten Inc.

進藤強/BE-FUN DESIGNによる板橋区の集合住宅「feel CnB」
東武東上線 成増駅から徒歩5分程の場所。

敷地面積476m2、建築面積272m2、延床面積776m2。RC造3階建て、22住戸からなる長屋。
東西に7m程の高低差を持ち、かつ三角形の変形敷地。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

南側と北側に玄関を振り分け、メゾネット若しくはトリプレットで複雑な入れ子状を構成しながら、ほぼ全ての住戸で南側に開口を持つように計画されている。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

既存では木造の建物が3棟建ち、周囲に鬱蒼と草木が生えていた。その状態で売りに出されていたのを進藤さんが見つけ、事業計画を立てたうえでオーナー候補に提案し、プロジェクトがスタートしたという。
写真は敷地の下側(西)から、解体が終了し更地になった状態。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

平面は何とこのような形。さらに断面が南へ北へ複雑にからまっている。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

6つの棟が接続したような外観が階段状に連なる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

アパート名の「BnC」は「Bicycle and Cat」の意だ。つまり自転車好きや猫好きが暮らしやすいアパートとなっている。階段には自転車用にスロープをつけた

Photo by Neoplus Sixten Inc.

南北共に敷地内通路を設けそれぞれ路地のような風景を作りだしている。
既に入居がはじまっているが、この日は4住戸の見学ができた。

Photo by Neoplus Sixten Inc.
Photo by Neoplus Sixten Inc.

西側は暗渠になった緑道に面しているが接道はできない。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

公開空地にできれば近隣にも親しまれる路地になりそうだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

北側の4号室。土間や壁面ラックに自転車を置くことができる。
左の引戸がトイレ、奥に洗面と浴室。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

洗面室の足元にキャットドアが付き、洗面台の下にトイレを置くことができる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

2階は収納と洗濯機のスペースのみ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

3階はLDK。L字を逆さにしたような断面で構成されているため、奥の開口は南に面している。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

この住戸はモデルルームとして家具が設えてある。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

ダイニングキッチンの上は、、、

Photo by Neoplus Sixten Inc.

ロフトのベッドスペースに。3階はスキップしながら3層を構成している。写真ではなかなか伝わらないが、垂直方向の迷路のような面白さ、日常に変化が感じられるようにしてあるのだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

東端の13号室。玄関を入ると螺旋階段と土間のみ。自転車がおける広さだけが取られている。全住戸で、2階若しくは3階に寝室が配置できるよう、1階は居室としての選択を排除しているのだ。
手前に、猫が外へ逃げないようにスクリーンゲートが付いている。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

2階はキッチンと洗濯機置き場。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

トリプレットの3階を見上げると何やら造作物が現れたが、、、

Photo by Neoplus Sixten Inc.

キャットウォークだ。左手前は透明アクリルになっており、肉球を眺めることができるというマニアには堪らない "設備" だ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

敷地と同じような変形の部屋だが、二面に開口があり明るく、バルコニーもつき開放的。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

21号室はメゾネット。キャットウォークが付くのは、南側に玄関がある住戸。
こちらは別パーターン。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

2階から垂直に上がり、、、

Photo by Neoplus Sixten Inc.

ロフト高さで水平に移動する。ここに寝ていると下から猫が上がってきて、横から眺めながら布団に潜り込んでくる、といったストーリーが目に浮かぶ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

18号室。階段を上がってバルコニーに出るのは、その下に別住戸のロフトがあるため。
これらのキャットウォークは半分の住戸に設えてある。また、飼える猫の頭数も住戸によって制限があるそうだ

Photo by Neoplus Sixten Inc.
Photo by Neoplus Sixten Inc.

進藤強さん。「複雑な敷地条件、法令、収支計算、立地、ニーズなど様々な要件を勘案し、最適解ともいえるアパートを提案できました。一見不合理で、住宅や集合住宅を建てるには無理があるような土地でも、その良さやここでできることを掘り起こし、プロジェクト化できるのは建築家ならではの仕事ではないでしょうか。」

【feel CnB】
設計監理:進藤強/BE-FUN DESIGN + 湯本峻大/Nomadic
構造設計:安藤耕作構造計画事務所
施工:環境クリエイト
 
Posted by Neoplus Sixten Inc.

Altri articoli in questa categoria

マキさんの住宅
1 month ago
Silver Water Cabin
1 month ago
麻布の別邸
1 month ago
角花
on 19/06/20
ORTHO
on 08/06/20