Projets

ニジアーキテクツ

扉の家

東京都目黒区, 2017

【扉を開き、招き入れる】 扉を開けた時にふわっと風や光が入り込んでくる感覚を建築で表現したいと考えた。 敷地はデベロッパーによって元々旗竿形状であった土地をさらに細かく分筆して生まれた74㎡の極めて狭小の都市型敷地である。旗竿形状の中の旗竿形状となっており、道路から奥まった...

ニジアーキテクツ

連箱の家

神奈川県逗子市, 2016

神奈川県逗子市の住宅地にある扇形をした変形敷地に建つ家族4人(夫婦+子2人)のための住宅です。 ご夫婦は共にインテリアデザイナーであり、オフの時間にはインドアからアウトドアまで様々な生活のシーンを楽しむ方法をご存知のご家族です。 いつも家族の顔が見え、逗子という環境に馴染み...

ニジアーキテクツ

LGS HOUSE #01 /ボーダーの家

東京都江戸川区, 2014

「木造のようにつくる鉄骨造の家」 軽量鉄骨部材であるC形鋼は、軽く、運搬がしやすい上に、加工が容易である。 このプロジェクトは、その特性を活かし、C形鋼を木造のように加工し、組み立てた 住宅である。 工場においては、C形鋼を切断したものに穴をあけ、個別にジョイント金物を...

LEVEL Architects

House in Hayama

Hayama, Kanagawa, 2017

Matsuyama Architect and Associates

One-room Residence of 5 Layers

Munakata, Fukuoka, 2016

The site had been left undeveloped as it was a part of steep land. We intended to resolve all the architectural issues by utilizing the c...

ニコ設計室

下屋根のスタジアム

佐賀県, 2019

下屋根のスタジアムは、佐賀県佐北部の賀市大和町に計画した住宅。平面形状は、東西に長いメインボリュームに対してサブボリュームが取り付く十字形をしており、その事で、パブリックなスペースと生活を支えるブライベートスペースの領域を作り出している。 動線は、十字プランの中央に位置す...

APOLLO / 黒崎敏

ORTHO

関東, 2020

家族と一緒に充実したオフタイムを過ごすための場所として新たに購入した敷地は、ひな壇形状の変形地。クライアントは中庭のある生活を希望していたため、特徴的な地形と段差を利用した住宅になった。 外観の特徴は、2つの大きなコンクリートのボリュームがずれながら重なる、杉板型枠RC打...

APOLLO / 黒崎敏

COVER

東京都府中市, 2018

メタリックグレーのガルバリウム鋼板の屋根と外壁がモノコックな外観をつくりだしながら、生活者のプライバシーを確保し、道路面からは1階での生活の様子を窺うことはできない。屋根面に開けられた大きな開口からは室内に十分な光が降り注ぎ、コンパクトな空間の解放感を増幅させている。 1...

添田建築アトリエ/添田貴之

宇都宮の住宅1

栃木県宇都宮市, 2010

敷地は地方都市の住宅地。北側に4m道路が接道し、隣地三方には2階建ての住宅が隣接している。南側の2つの隣地の建物の間に出来た空地は、計画地のほぼ中央に位置し、唯一南面からの採光が期待出来る環境だ。 直射日光が得られる敷地の中央に3層吹抜けの土間を配置し、大きな開口を設け、...

Yashima architect and associates

Otakanomori house

Nagareyama, Chiba, 2018

遠藤克彦建築研究所

軽井沢北聖沢の家

2009

敷地は旧軽井沢のメインストリートを過ぎた山腹にあります。敷地には大きな高低差があり、建築計画に使用できる範囲はかなり限られていました。また、谷筋には小川が流れ、夏期には冷涼な風が建物に向かって吹き上げてくる環境を持っていました。クライアントからは、大家族の週末住宅として主人...

遠藤克彦建築研究所

軽井沢追分浅間山の家

2006

標高 1000mの高原道路をかすめる森林の中にこの住宅はあります。クライアントの要望は大きなワンスペースの空間でいろいろな「場所」を愉しむことができるような住宅でした。そんな特性あるスペースを計画するために、2階建ての住宅の中を4層に分けて計画しています。各スペースの基本的...

遠藤克彦建築研究所

東嶺町の家

東京都, 2004

山手線から周囲へと伸びる私鉄沿線にある住宅地の中に、この3世帯の集合型住宅はあります。計画はクライアントの指示によって「3階建てが可能であること」という条件に合う敷地を探す段階からスタートしました。法規制的に厳しい第1種低層住居専用地域での建築計画であり、建築ボリューム的に...

エイバンバ

横浜のオフグリッドハウス

神奈川県横浜市, 2017

横浜市旭区に建つ、木造2階建ての住宅の計画です。敷地は、施主の父親が設計した母屋、竹林、畑に囲まれ、周辺にはのどかな風景が広がります。 ランドスケープデザイナーの施主からは、自然とのかかわり方を考えながら暮らしていくことのできる住宅にしたいという要望がありました。そこで、...

atelier cube / Masahiro Kiyohara

THE HOUSE OF TOSU

Saga Prefecture, 2014

永山祐子建築設計

丘のある家

東京都, 2006

東京都心、北東の接道面を除く3方向を高い建物に囲まれた、間口6.5m、奥行き20mという敷地に建つ。特に南側の高いマンションが日差しを遮り、昼でも薄暗い。日の当りにくいこの場所で周囲に対して閉ざしながら、どのよう光を導くかを考えた。 高さを北側・道路斜線に合わせたボリュー...

NAYA Architects / MANABU+ARATA

House in Narayama

Akita, 2019

エイバンバ

成瀬の家 町田のオフグリッドハウス

東京都町田市, 2016

東京都町田市に建つ夫婦2人のための住宅です。電力網に接続せず、太陽光発電パネルによって、電気を自給自足する「オフグリッドハウス」として計画しました。 同じ時期に計画が進んでいた、小高町の家(横浜のオフグリッドハウス)では、キャンプのような屋外生活の延長にある、少し特殊なライ...

APOLLO / 黒崎敏

JEWEL

東京, 2018

東京の住宅街の小さな旗竿敷地に建つまさに「東京らしい」都市住宅といえる。夫婦と子供が3人で暮らす住宅のテーマは「ミニマム」。限られた空間ボリュームをシンプルかつ、いかに美しく見せることができるかがポイントになった。 アプローチ階段の先にある建物のファサードは細長い路地の印...

Jun Ishikawa Architect

OUCHI-46

Sano, Tochigi, 2020

株式会社 GEN INOUE

山のセカンドハウス

神奈川県足柄上郡, 2017

多様に変化する環境にあわせて居場所を選び、様々な空間体験ができるセカンドハウス ベッドやソファなどの固定的な家具は置かず、7本のレーンの素材、光の量やプロポーションに変化をもたせ空間の質の差異を演出しています。この空間の質の差異と時間の流れで変化する光や季節の移り変わりで変...

Takeshi Hirobe Architects

Bended House in Okazaki

Okazaki, Aichi, 2015

「大きな芝生の中庭がほしい」 この住宅は、そこからプランニングが始まっています。 敷地は愛知県岡崎市の郊外。 斜面を徐々に開いて、風致地区のかかる低層住居地区が形成されて いる場所です。ここは元々一つの区画だった場所を東西に2分割さ れてできた敷地でした...

遠藤克彦建築研究所

八ヶ岳の家

長野, 2008

八ヶ岳の麓、標高 1700mの別荘地にこの建物は計画されました。敷地は東南東に向かって緩やかな傾斜で下っており、周囲一帯は白樺林と笹で覆われ、別荘地であるにも関わらず鬱蒼とした環境です。建物はいくつもの直方体を重ねたりずらしたりしながら、傾斜に沿って敷地の奥へとデザインされ...

Akasaka Shinichiro Atelier

Curved Wall House

北海道札幌市, 2018

This house is located near a historical park in the city of Sapporo. It is one of the regional characteristics of Sapporo that people oft...

遠藤克彦建築研究所

軽井沢鶴溜の家

長野, 2010

軽井沢の週末住宅です。クライアントからは、自分の家族と利用することと同時に友人達との時間を過ごす場所として、そして時には多くのゲストを招いてのレセプション的な使い方も出来るよう、パブリックスペースとプライベートスペースの各々が独立しつつも有効に繋がっていく計画が求められまし...

Hayato Komatsu Architects

House in Yahata

Yahata, 2018

遠藤克彦建築研究所

軽井沢深山の家

長野県, 2010

旧軽井沢を見下ろす別荘地の、東向き斜面に計画された住宅。9.9m×9.9m の正方形平面による、極めてプライマリーな立方体ボリュームによって計画されています。 この建築は、リビング / ダイニングを中心とした「開かれた内部」と、その他の空間の「閉じられた内部」によって計画さ...

Keisuke Maeda / UID

Butterfly

Japan, 2019

principal use : house structure : timber structure site area : 805.79sqm total floor area : 305.04sqm structural design : Yasutaka Konish...

Hosaka Takeshi Architects

PUT POT HOUSE

Chiba, 2018

This is the house in front of the small forest. The forest brings beautiful seasons into the life. Vegetable and flowers are planted in...

STGK Inc. | studio gen kumagai

Green Village Wakasugi

Ishikawa, 2018

Life with Seasons Green Village Wakasugi is a residential development project including a block of flats. Japan, with its four seasons, ...

Hosaka Takeshi Architects

COURT HOUSE in NAGOYA

Nagoya, Aichi, 2014

The site is to the west to approximately 1 kilo from Nagoya-jo Castle. Nagoya is is located at the middle of Tokyo and Osaka. The summer...

NAYA Architects / MANABU+ARATA

House in Nobeyama

Nanmoku, Nagano, 2019

The building site is located in a region known for its harsh winters, at an elevation of 1,380 m, but it is surrounded by much untouched ...

F.A.D.S

Re: KT-house

福井, 2019

この作品は、イタリアのデザイン賞A' Design Award 2020 のインテリア部門で[銅賞]を受賞しました。  概要説明: 《KT-House》は竣工後18年が経ち、設備機器の更新も兼ねて1階を中心に改修することになりました。 デザイン・コンセプトの貫徹: この住...

LEVEL Architects

House in Shiki

Shiki, Saitama, 2017

Matsuyama Architect and Associates

Parents House

Amami City, Kagoshima, 2018

2019 JAAF Award (Japan Association of Architectural Firms) 2019 Kukan Design Award Gold Prize

N Maeda Atelier

NOSTALGHIA

Yokohama City, Kanagawa, 2017

Principal use: Housing Site area: 135.05㎡ Total floor area: 101.59㎡ Main structure: Steel

Page 2 of 17 Pages