二重窓の集合住宅

東京都大田区
Photo © Kai Nakamura
Photo © Kai Nakamura
Photo © Kai Nakamura
Photo © Kai Nakamura
Photo © Kai Nakamura
Photo © Kai Nakamura
Photo © Kai Nakamura
Photo © Kai Nakamura
Photo © Kai Nakamura
Photo © Kai Nakamura
Photo © Kai Nakamura
Photo © Kai Nakamura
Architectes
MARU。architecture
Lieu
東京都大田区
Année
2017

昼夜を問わず車が走り抜ける環七通りに面して建つ集合住宅です。通りから住環境を守ると同時に、街環境にも寄与する建築を考えました。
敷地なりに雁行する住戸の外壁の外に、大きな壁をもう一枚立てます。住戸の窓と外側の大きな壁に開けた孔がずれることで、道路を走る車の背を視覚的に遮断し、住環境を守ります。
大きな壁はわずかに吸音性能のある柔らかな左官で仕上げます。この建築だけでは環七の環境を変えることはできませんが、もしも街並みをこのような吸音性のある素材へと変えたなら、街を少しだけ静かにすることができます。
この一枚の大きな壁が住環境を守る殻であり、街環境を変えるモデルとなります。

Projets liés

  • Dialogue Center “Przełomy”
    KWK Promes architect
  • Hotel in Czorsztyn
    KWK Promes architect
  • Farmhouse with Lap Pool
    GLUCK+
  • Bar House
    GLUCK+
  • Bronx Preparatory Charter School, Bronx
    GLUCK+

Magazine

Autres projets de MARU。architecture

海のコテージ
愛媛県今治市大三島町
間の間の家
愛知県岡崎市
みやこのじょう児童学園
宮崎県都城市
松原市民松原図書館
大阪府松原市
土佐市複合文化施設
高知県土佐市