Nishihara Shokai Head office

Kagoshima
Photo © Yousuke Harigane
Architectes
Spinglass Architects
Lieu
Kagoshima
Année
2020

【Concept1】 “立地を生かす”
企業の成長や社員の健康を導くシンボルとして、正面に望む桜島とそのエネルギーを最大限に取り込める建築を目指す。

「眺望を妨げない構造計画」
ガラス面側はΦ355.6の細い円柱のみを3.3mピッチで配置し、耐火塗料を採用。
できるだけ存在感を無くすことをめざした。執務空間は無柱空間とし、梁も一方向のみの構造計画とした。
耐震性能向上のため各所に壁内ダンパーを設置、1,2階には意匠性の高い市松状のダンパーを採用している。

「透明性と熱環境デザインが両立したファサードデザイン」
眺望を楽しめる透明感あるガラス面の外に、日射をカットする目的からバルコニーおよびオリジナルアルミキャストを設置。直射日光が入りにくい執務空間をめざした。降灰の多い場所なので、バルコニーはメンテナンス上も有用である。

【Concept2】 “食のビジネスを表現”
「味の世界をひろげる」食材卸専門商社らしい健康な佇まいを表現する建築を目指す。

「食につながる素材の選定」
着色等していない土からつくるタイルや、木を多用し、食を産む自然へのリスペクトを表現した。

「未完成感、不規則感」
内部空間は統一や完成よりも、不規則なリズムや手仕事感を残すよう心がけた。執務空間には均一感を生みやすい天井を敢えて張らず、上下しやすく社員同士のコミュニケーションを促す階段、各フロアにテーマカラーを与えて差異を際立たせた廊下などにその想いを投影している。

「変化と成長」
10万点の多彩な食材を取り扱う企業らしく、社内外に商品を発信するディスプレイ設備を豊富に設けた。展示商品が変わると空間にも新鮮な変化が生まれるだろう。企業の成長とともにこの建物も変化、成長していく。

【Concept3】 “働く楽しさを演出”
フロア毎に異なるテーマと空気感を与え、さまざまな部署が集まる本社らしさを表現。
西原商会らしい躍動感を可視化。

「照明計画、家具選定」
天井を張らず、2階の光る膜、3,4,5階の幾何学的ラインなどオリジナルな照明デザインを展開。とくに7階ホールの輝くメッシュは、眼下に広がる錦江湾の波のきらめきが反射したイメージ。これらの照明は透明なファサードを通して周辺環境にも広がる。執務空間のゾーンニングやそれに応じた家具選定でも、素材や色彩にフロアごとの空気感をまとわせることに努めた。

「サインシステム」
本社社屋に中心を意味する「CORE」と命名、屋内外のサインに採用。社屋名からピクトグラム、フロア表示まですべてオリジナルのグラフィックデザインを展開。ピクトグラムには食材をモチーフとし、ドア付近には食にまつわる格言を多言語で表示。細部にまで食をテーマとした。

Projets liés

  • 6280.CH Coworking Hub
    Evolution Design
  • Hohes Holz auf der Lichtung | Neubau Büro- und Verwaltungsgebäude für die Ziegler Group
    Brückner & Brückner Architekten
  • Turning Gray into Green : Meishe River Greenway and Fengxiang Park, Haikou,China
    Turenscape
  • Tongnan Dafosi Wetland Park
    Turenscape
  • Slow Down: Liupanshui Minghu Wetland Park
    Turenscape

Magazine

Autres projets de Spinglass Architects

Terzetto
Fukuoka
Connecting Bridge to New Kitakyushu Airport
Fukuoka
The Weave Folly
Fukuoka
DUO EAST & WEST
Fukuoka
Carre Spiral
Fukuoka
247
Fukuoka