INFINITY

沖縄県国頭村
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Architectes
APOLLO / 黒崎敏
Lieu
沖縄県国頭村
Année
2021

普段は北海道で暮らすクライアントが週末やバケーションを過ごすセカンドハウスがあるのは、沖縄の北部にある「GUSHIKU MUI」というマウンテンエリア。丘の上からは目前に広がる広大な海の景色と、背面にそびえる雄大な山の空気感を存分に楽しむことができる。
 1階玄関から入ると大きなエントランスガーデンが待ち構え、中央に設えたキッチンからは特等席として落ち着いた中庭の緑の景色を堪能できる。敷地幅をフル活用して設えたLDKの端部には、屋外の絶景を楽しめるジャグジーバスルームを設け、庇付きのリビングテラスとその先に設えたインフィニティープールを介して海や森などの自然と繋がる環境を演出している。
また、プライベート空間のある2階エリアにもフルワイドのバルコニーや屋外ジャグジーを設け、景色を楽しみながら1階と異なるスタイルのアウトドアを体験できる。屋外階段を経由してアプローチできる屋上庭園にはRC造のベンチを設え、360度の海、山の景色が一望できる設えとした。
世界中でリモートワークが常態化し、ワーク&ライフスタイルが劇的に変化する中、都市とリゾートの二拠点を持ち、季節や気分によって生活のバリエーションを複数選択できるマルチハビテーションの考え方は、洋の東西を問わずこれからのライフスタイルのスタンダードになると確信している。これからの住宅は単一の要素ではなく、オフィスにもホテルにもゲストハウスにもギャラリーにもなるマルチパーパスな役割が求められるだろう。それは長らく続いてきた単一用途の「プライベートハウス」の終焉を意味し、多用途を兼ねた「パブリックハウス」として新しい可能性を示唆していると言えよう。

Projets liés

  • Herman Miller National Showroom
    Krueck Sexton Partners
  • The Ark, Condominiums
    Form4 Architecture
  • SFMOMA Rooftop Garden
    Jensen Architects
  • Kokoris Residence
    Jensen Architects
  • Turner Duckworth Offices
    Jensen Architects

Magazine

Autres projets de APOLLO / 黒崎敏

ATOM
東京
SWITCH
東京
DAMIER
東京
FLOW
千葉
SHIFT
東京
KANGAROO HOTEL
東京