フラット・ヒロオ

東京
© KOP
© KOP
© KOP
© KOP
© KOP
© KOP
© KOP
© KOP
© KOP
© KOP
Architectes
小山光/Key Operation Inc.
Lieu
東京
Année
2006

構造壁が邪魔をして、LDKスペースを拡張することができない築20年のマンションのリフォーム。
既存LDKにキッチン、ダイニングテーブル、ソファーを普通に置くと狭くなってしまうため、ダイニングテーブル、ソファーなどの用途を統合したステージフロアーをLDKの中心に置く事で、広がりのあるスペースにしました。
オイルスプリングで上げ下げが可能なダイニングテーブルは、通常長さ120cm。パーティー時にはさらに120cmのテーブルを継ぎ足すことで8人がけのテーブルになります。
ソファーがわりに、ステージフロアーに寝っころがってテレビを見ることもできる。またダイニングテーブルをしまえば、客用のベッドとして使用することも可能です。
躯体壁のためにプランをあまり変更できなくても、家具レベルの工夫で、空間を作り変えることを目指しました。

Projets liés

  • Projektwettbewerb Campus Motel NTB
    FELIX PARTNER Architektur und Design
  • Volksschule Maria Grün
    BERKTOLD WEBER Architekten
  • Stereokitchen
    Paul Kaloustian Architect
  • Cyprus New Museum
    Paul Kaloustian Architect
  • Bürobegrünung ERZ Entsorgung + Recycling, Zürich
    Hydroplant

Magazine

Autres projets de 小山光/Key Operation Inc.

yotsuya tenera
東京
ReNOA Motosumiyoshi Common Area
神奈川
ハウス・タイシドウ
東京
アジアンスイーツ香記
石川
フラット・フローティング・ボックス
東京
ReNOA Motosumiyoshi 103
神奈川