肉料理 まつざか

愛知
Interior Designers
三宅博之デザインオフィス
Año
2016
Coste
1 millón - 100 millones
Pisos
1 - 5 pisos

解体されたはずの空間に唯一残されたタイル貼りの壁。それは約50年前にこのビルが建設された当時に施され、その後入居者が変わっても、この壁だけはそのままに、新しい内装によって覆い隠されてきた。

内装が解体される度にひょこっと顔を出しては、また隠される。長年、存在を無視され続けてきたそんな壁をなんとか一つの素材として生かせないかと考えた。ただし、現状そのままの古い壁としてでは無く、可能な限り当時の現役な状態として扱いたかった。ビンテージとしてでは無く、あくまでグッドデザインとして。

なるべく似た表情のデッドストックのタイルを探し、欠損部分を埋め、壁をレストアし、その他の新しく計画した箇所は、その復元されたタイル壁を誇張しないように、同系色の現行タイルを主に使用し、調和を計った。

Proyectos relacionados

  • Passerelle, Raststätte Werdenberg
    Walter Bieler AG
  • inklusives Wohnquartier
    czerner göttsch architekten
  • 6280.CH Coworking Hub
    Evolution Design
  • Hohes Holz auf der Lichtung | Neubau Büro- und Verwaltungsgebäude für die Ziegler Group
    Brückner & Brückner Architekten
  • Turning Gray into Green : Meishe River Greenway and Fengxiang Park, Haikou,China
    Turenscape

Magazine

Otros proyectos de 三宅博之デザインオフィス

名古屋美容専門学校
愛知
ちゅらカフェ
愛知
Matsuzaka meat&vegetables
愛知
WELCO
愛知
passo.a.passo
愛知
RONO
愛知