不動前の空地

東京
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© Nacasa & Partners Inc.
© KEY OERATION Inc. / ARCHITECTS
© KEY OERATION Inc. / ARCHITECTS
© KEY OERATION Inc. / ARCHITECTS
© KEY OERATION Inc. / ARCHITECTS
© KEY OERATION Inc. / ARCHITECTS
© KEY OERATION Inc. / ARCHITECTS
© KEY OERATION Inc. / ARCHITECTS
© KEY OERATION Inc. / ARCHITECTS
Arquitectos
小山光/Key Operation Inc.
Ubicación
東京
Año
2020
Pisos
1 - 5 pisos

間口が狭く、奥行きの深い敷地
目黒不動尊の門前にある小さな商店街に面した敷地に計画された5階建ての14戸からなる賃貸集合住宅。東京都内の、間口が狭く、奥行きの深い敷地に、小さい賃貸住戸を効率よくレイアウトする際に設計者が頭を悩ませるのは、敷地の奥側の住戸の窓先空地の取り方である。
また、前面道路に面している住戸以外は、隣地に面して窓を設けても、隣接する建物の壁が敷地境界まで迫っているため、採光や通風に効果的な開口をとることができず、あまりいい住環境にならないことが多い。
こちらの集合住宅では、このような間口が狭く奥行きの深い都心の敷地で、収益性を高める密度を保持しながら、採光・通風に配慮した快適な住環境を追求した。
 
6つの「窓先空地」
敷地の奥行きが17mあるので、まず敷地の前後2つのヴォリュームに分けて、その間に抜けの空間を作り、そこに各住戸へアプローチする階段を設けた。
また2つのヴォリュームの四隅を切り欠いて、6か所のヴォイドを設け、各住戸に光を取り入れ、快適な内部環境を生み出している。このプロジェクトのように、周辺を敷地際まで建物で囲われた敷地において、特に低層階で隣地側の開口は採光上有効な開口部にできなくなることが多い。建物ヴォリュームの角を切り落とし、ヴォイドを設けて隣地との離隔を取ることで、ヴォイドに面する開口は、建築基準法の採光上も有効な開口となる。この集合住宅の延床面積では、窓先空地幅員に2m必要なため、1Fでは屋外通路が間口の1/4近くを占める。屋外通路はピロティも可能なので、2Fからは敷地境界から50cmの位置まで張り出している。上記のヴォイドのひとつにアプローチの屋外通路をつないで、法規上必要な窓先空地とした。窓先空地は避難経路としての機能に目が行きがちだが、居室の採光と通風の確保も目的としている。屋外通路につながっていないヴォイドも、住戸の快適性を確保するために効果的な「窓先空地」と言える。またヴォイドのひとつは隣の集合住宅の窓先空地に位置を合わせることで、空間を共有している。
 
「窓先空地」をつなぐ住戸内の抜け
一般的なワンルームの住戸は、廊下を中央に設けて、その左右にキッチンやユニットバスなどの水回りを設置して、奥にベッドルームがあるパターンが多い。しかしこの集合住宅では、水回りを建物ヴォリュームの中央に寄せて廊下を壁際にすることで、6つの「窓先空地」をつなぐ抜けを住戸内に生み出している。それにより、前面道路から、敷地の奥まで視線の抜けができ、風の通り道ができる。2人用の1LDK住戸がある奥のヴォリュームも、水回りを中央に設けて、リビングとベッドルームが、玄関やキッチンを通って回遊できる間取りにしている。住戸の開口は「窓先空地」に面する部分だけに設け、抜けの内側にプライバシーを確保している。
 
開放的な壁式構造
2つのヴォリュームの四面を構造壁とし、その端部を開放することで、開放的な内部環境を実現した。窓先空地の屋外通路の上部の壁は、押出成形板にすることで荷重を減らしている。前面道路側も4階まで構造壁が立ち上がっており、その表面はウォータージェットによる斫り仕上げとして、通りに対して特徴的な表情のファサードを形成した。前面道路側のヴォイドに面する開口は通りからセットバックしており、斫られた壁が道行く人の注意をひきつけ、壁の裏にあるベッドルームのプライバシー性を高めている。
 
ネコと共生できる賃貸集合住宅
2020年現在、日本国内のネコの飼育頭数は1000万匹に迫る勢いで、2017年には初めてネコがイヌの飼育頭数を上回った。昨今のコロナウィルスによるライフスタイルの変化に伴い、ペットに癒しを求める人が増えており、今後もネコの飼育頭数の増加が見込まれる。
一方で、東京23区内のマンション、アパート賃貸物件の中で、ペットの飼育可能な物件の数は全物件の12%程度に留まっており、入居中や退去時のトラブルを危惧するためか、数は増えていないようである。特にネコはペット可物件でも飼育不可としている場合が多い。ネコを飼いたくても飼えない、無断で飼う、飼育放棄等の社会的な問題に一石を投じるべく、この集合住宅は、複数頭のネコとの共生を想定した賃貸住宅として企画された。6つの「窓先空地」に面した窓辺には、ネコのためのロフトやステップを設け、日光浴をしたり、外の景色を眺めたりできる空間として、住まう人とネコの双方にとって快適で、居心地の良い環境を作りだす工夫をしている。ネコ好きな住民がお互いに助け合いながら暮らすような、ネコを介したコミュニティを育むことも期待できる。

ポストコロナの建築
昨今のコロナの状況はまだまだ先が見えないがが、設計をしていて痛感するのは、換気、通風を「見える化」することがかなり求められるという事だ。機械換気でも機能的には問題ないはずだが、飛行機や新幹線ではそのプロセスが見えないために、どれだけ効率よく換気されているかをアナウンスでことさら強調している。14世紀のペスト後のルネサンスの時期にも、中世の狭く窮屈な住環境を改善して、健康的、衛生的な建築、都市がつくられたが、今回のコロナ後も、窓、バルコニー、屋上、中庭といった屋外空間をいかに建築に組み込むか、また広場や公園やオープンスペースをいかに都市に取り込むかがテーマになってくると思われる。この集合住宅では、奥行きの深い通風の悪い敷地に対応したを設けることで、自然な換気、通風を確保している。
また2人用の住戸は当初大きなワンルームにすることが求められたが、2人で快適に生活するためにお互いに距離が保てる回遊式の間取りにした。その結果、2人がそれぞれ在宅勤務でミーティングしなければならない場合も、お互いの音を気にせずに快適に仕事ができる環境が実現できている。またネコと共生できる環境は、ポストコロナの状況で、ペットに癒しを求める人々のニーズに応えている。

・建物名称:TIPETTO 目黒不動前 for Cats
・企画開発:株式会社アスコット
「ペット共生型賃貸シリーズ『TIPETTO(ティペット)』は株式会社アスコットによる企画開発物件です」
・設計:小山光+キー・オペレーション
・施工:中島建工

Proyectos relacionados

  • Kindergarten Kranebitten
    reitter_architekten
  • Gradonna Mountain Resort
    reitter_architekten
  • Kleingartenwohnhaus Satzberg Alt
    Baukooperative GmbH
  • NOOBA
    Nader Interior GmbH
  • Baumeisterei Steinberger
    Baukooperative GmbH

Magazine

Otros proyectos de 小山光/Key Operation Inc.

yotsuya tenera
東京
ReNOA Motosumiyoshi Common Area
神奈川
ハウス・タイシドウ
東京
アジアンスイーツ香記
石川
フラット・フローティング・ボックス
東京
ReNOA Motosumiyoshi 103
神奈川