大屋根が繋ぐSOHO

埼玉県さいたま市, 2017

仕事場と居住空間との間に大屋根をかけ生まれた半戸外空間 平屋の仕事場とスキップフロアーの居住空間を離して配置し大屋根で繋ぎ生まれた半戸外空間は、ダイニングと一体に使うアウターリビングであるのと同時に、住まい手が街と繋がる緩衝空間。 構造階数:木造軸組、2階建て 敷地面積:...

山のセカンドハウス

神奈川県足柄上郡, 2017

多様に変化する環境にあわせて居場所を選び、様々な空間体験ができるセカンドハウス ベッドやソファなどの固定的な家具は置かず、7本のレーンの素材、光の量やプロポーションに変化をもたせ空間の質の差異を演出しています。この空間の質の差異と時間の流れで変化する光や季節の移り変わりで変...

お隣と共有する「第2のGL」をもつ家

神奈川, 2016

敷地や住宅という枠組を超え、新しい “隣居” の暮らしを享受する住宅を提案 1階の玄関や内部空間を通ることなく外部階段で自由にアクセスできる2階の人工地盤には、住まい手の"趣味部屋"、お隣のお孫さんの"遊び小屋"、2つの家族の共有テラスなどを配置し、2つの家族や街との新し...

軽井沢の別荘

長野, 2016

"南北に長い敷地に沿って庭を囲い光を取り入れるS字型プランの平屋別荘 敷地いっぱいにのばしたS字型プランの2つの凹部分に庭を配置し、豊かな緑・植栽を借景するのと同時に、内部に光を取り込む空間構成。湿気を避け積極的に風を取り込むために、両端を築山と杭が支える1階が持ち上げら...

坪庭の家

神奈川, 2015

プライバシーを守りながら住宅に光を取り込む坪庭が点在する空間構成 ブラインドシャッターとルーバ−で覆われた坪庭は、周囲からプライバシーを守り、内部に光を取り込む緩衝空間。 この坪庭が大きなワンルームに立体的に点在し、それぞれの居場所を緩やかに分節する。 構造階数 地下:...

光が通り抜ける家

埼玉, 2014

"南側二階上部から北側一階LDKまで光が家を通り抜ける断面構成 敷地は四方を隣家に囲まれた旗竿敷地。 北側の一階という一番環境の悪い場所にあえて LDK を配置し、南側の二階上部の開口部から LDK まで光が通り抜ける断面構成となっている。 構造階数 木造軸組、2階建て...

立体市松壁の家

埼玉, 2014

"立体的な市松模様の壁が周囲からのプライバシーを確保し開放的な内部空間を実現 住宅の四隅に坪庭を配置し内部空間を十字型にすることで、各部屋が二つの坪庭に面する平面計画。坪庭を囲む外壁を立体的な市松模様で構成し、プライバシーが守られた開放的な内部空間。 敷  地 埼玉県新...