外に閉じ内に開いた立体回遊園舎
Foto © Shigeo Ogawa
西側アプローチ
Foto © Shigeo Ogawa
東側アプローチ
Foto © Shigeo Ogawa
エントランス
Foto © Shigeo Ogawa
自然の恵みや循環を日々学べる中庭
Foto © Shigeo Ogawa
幼児保育室
Foto © Shigeo Ogawa
空調や照明をほぼ必要としない保育室
Foto © Shigeo Ogawa
ランチルーム
Foto © Shigeo Ogawa
園児が覗きこめる調理室
遊戯室
Foto © Shigeo Ogawa
階段
Foto © Shigeo Ogawa
光庭
Foto © Shigeo Ogawa
軒下、階段状のテラス、スロープ
Foto © Shigeo Ogawa
軒下空間より菜園・トップライト
Foto © Shigeo Ogawa
屋上菜園
階段状のテラス
Foto © Shigeo Ogawa
池、砂場、山
Foto © Shigeo Ogawa
夜景
Foto © Shigeo Ogawa

あまねの杜保育園

 Zurück zur Projektliste
Jahr
2015

船橋市内に求められた、160 名の園児が自然と共にのびのび遊べ、同時に全ての保護者や保育士が安心できる保育園。2階建て+屋上の立体的園舎に、中庭と外端の木々を繋ぐようにデッキ、スロープ、階段やブリッジを巡らせ、子どもが走り回れ、大人の目が届き易く、緊急時も逃げ易い回遊動線とし、それを外から台形の堅牢な壁と屋根で覆う、“楽しさを強さで守る”構成。
屋上菜園やガラス張りの調理室で食育を促したり、庇での遮光や坪庭による通風、地熱空調、雨水利用の池、太陽光発電など、自然の力を活かす仕組みを子どもが目にするよう工夫したり、素材を活かした仕上げでモノの名前を本物を通して教えたりと、園全体に学びの機会をちりばめた。

Andere Projekte von 相坂研介設計アトリエ

藤沢の住宅
神奈川
宮坂の三世帯住宅(宮坂の住宅Ⅰ+Ⅱ・Ⅲ)
東京
横浜のコートハウス
神奈川
横須賀の住宅
神奈川
Blocks
Vajra Forest
大阪