2013
自動車メーカー、ルノーの工場跡地として知られ、パリ市民に長く関心を持たれた セーヌ川に浮かぶセガン島は、1999 年に一度は建築家、安藤忠雄氏の設計によるピ ノー財団の現代美術館の計画があったが、2005 年にその計画はピノー氏本人により 取下げられた。その後、建築家ジャン・ヌーヴェル氏をコンサルタントとして迎え、 2010 年6 月に新たなPFI 手法(民間投資公共事業)の共同開発... more
Zurich, 2013
This new headquarters and radio studios for the Swiss media company Tamedia is situated in the heart of Zurich. On a 1,000m² site within a larger urban block where the main buildings of the gr... more
東京, 2011
兵庫, 2011
ウェリガマ, 2010
フランス, 2010
ポンピドー・センター-メスの設計にあたって, 機能的な空間をつくるため,プログラムを単純なボリュームにアティキュレートし,それらを動線上明確で,相互関係が機能しやすいよう立体的に配置した. まず一般ギャラリーを幅15m,長さ90mの四角いチューブ状のボリュームに入れ,エレベータと階段が納まった六角形の鉄骨タワーの周りに3段に積み上げて 配置した.3本のギャラリーチューブは,先端の小口が... more
韓国, 2010
共同設計 坂茂建築設計+ 韓國建築KACI more
福島, 2009
ポルトガル, 2009
1999年にデザインしたポルトガルの小さな家が やっと完成した.北ポルトガルの小さな村まるまるアルガーブに隣 接する,海に面した崖の上の4ヘクタールの敷地には,美術品収集家であり植物収集家であるオーナーが,世界中から集めた400点ほどの美術作品 と5,000種ほどの植物,そして約1万冊の関係図書がコレクションされている.ここに,アーティスティック・インスタレーションとして,たまに訪れる植物学... more
静岡, 2008
This site is located on the slope in the north side of villa area in South Hakone. The scenery of the north side is rare because of its opening to look over Mt.Fuji without being almost distributed... more
東京, 2006
一般的に図書館といえば勉強をするための静かな場所とされるが、この図書館ではさまざまなコミュニケーションや情報交換に対応できるよう「喋られる」新し い図書館のあり方を提案している。人々が集い、情報を交換し、議論をする場としてのグループ閲覧室を 中央のアトリウムに浮かべている。 more
東京/LA/NY, 2005
写真家グレゴリー・コルベールの写真と映像展示専用の移動式展覧会場“ノマディック美術館”は、今回のお台場で3都市目の移動となった。 この建築は、毎回現地でレンタルする部材(6mのシッピングコンテナ)と、リユース部材(屋根とコンテナの隙間を埋めるアルミフレームと膜材、床用木製パ ネル、小屋組の紙管トラス)、そしてリサイクルする部材(長さ10m直径74cmの紙管柱-ヨーロ... more
静岡, 2002
紙のメーカーの展示、開発、販促の場としての資料館。美術館(A館)とギャラリー(B館)に分 かれている。美術館は単純な正方形のプランを3等分し、庭の景観を楽しめる南側にオフィス機能を、北側に展示空間を配し、その間を3層吹き抜けのアトリウ ムとしている。南、北のブロックは完全に独立した構造とし、その独立性と半屋外的空間の特性を強調するため、南北ブロック間に配したアトリウムの東西面を FRP... more
秋田, 2002
敷地の周りは、託児所や病院、民家があり、体育館のボリュームを並べるには大きすぎるので、屋根から下を地下に埋設している。ここでは、LVLの代わりに LSLを使い、「今井病院付属託児所」の曲げわっぱ構造を発展させた楕円形のドーム屋根を考えた。短手スパンにはペンタゴントラスアーチを放射状に並べ、 長手スパンにはフィーレンデールアーチを水平投影で平行に並べてラチスを形成している。 more
ドイツ, 2000
ハノーバー万国博覧会は、1992年のリオデジャネイロ宣言を受け、環境問題をテーマに掲げている。そこで日本館の設計理念として、博覧会閉会後に解体さ れるパビリオン自体が問題の環境負担とならぬよう産業廃棄物を最小限に押さえること、そのために建材のリサイクルまたはリユースをデザインのクライテリア として材料・構造を考えることとした。 メインホール部分は、生産上は長さに制限のない紙管の特性を利用し... more
東京, 1995
施主がこれまで続けてきた古い日本家屋の下町的でおおらかな生活を、現代的素材を用いて継承しようとしている。3階から2階にかけてテント地のカーテン は、視線を遮ったり、遮光するだけでなく、内側のガラス引戸を閉めてカーテンとの間を断熱スペースすることもできる。伝統的な日本家屋の障子、襖、雨戸、 簾などにみられる開放性と室内環境のコントロールの仕方をこのカーテンウォールで再現している。 &... more
兵庫, 1995
阪神大震災により焼失した教会のために建てられた紙の建築によるコミュニティーホール。建材は各企業からの寄 付を受け、160人以上のボランティアの手により5週間で完成した。建設10年を迎えた紙の教会は、神戸と同じように震災の被害を受けた台湾に移築され、 地域のコミュニティーセンターとして新たに活用されている。 more
2010 ハイチ地震復興支援 緊急シェルター、ハイチ

2010 中国2010年上海万博 紙の劇場 日本産業館メイン展示、上海

2010 ポンピドゥー・センター・メス

2010 Haesley Nine Bridges Golf Clubhouse、韓国

2009 香港深圳市ビエンナーレ・パビリオン、香港

2009 楕円虚の家、福島

2009 植物学者の紙の家、ポルトガル・アルガ-ブ

2009 三日月の家、静岡

2008 華林小学紙管仮設校舎、中国・成都

2008 シンガポール・ビエンナーレ・パビリオン、シンガポール

2008 成蹊小学校、東京

2007 Nicolas G. Hayek Center: Swatch Group Japan本社ビル、東京

2007 ノマディック美術館、東京

2006 成蹊大学情報図書館

2005 紙の仮設スタジオ- PTS

2004 ノマディック美術館

2004 ブルゴーニュ運河資料館・ボートハウス

2003 写真家のシャッター・ハウス

2003 ガラスシャッターのスタジオ

2002 Forest Park Pavilion プロトタイプ、Rice University、ヒューストン、USA

2002 今井篤記念体育館、秋田

2002 紙の資料館、PAM、静岡

2000 はだかの家、埼玉

2000 ハノーバー国際博覧会日本館(ドイツ・ハノーバー)、紙の建築12

1999 被災者用仮設シェルター(ルワンダ難民)紙のシェルターの建築10

1997 壁のない家、軽井沢

1995 2/5 House、兵庫県

1995 紙の教会、兵庫県: 紙の建築08

1995 被災者用仮設住宅(阪神大震災)紙のログハウス: 紙の建築07

1995 カーテンウォールの家、東京

1994 紙のギャラリー、東京: 紙の建築06

1991 詩人の書庫、逗子: 紙の建築04

1990 ときめき小田原夢まつりメイン会場ホール、小田原: 紙の建築02

1987 VILLA K、蓼科

1986 VILLA TCG、蓼科

1986 ジュディス・ターナー展会場構成、アクシス・ギャラリー、東京

1986 アルヴァ・アアルト展・会場構成、アクシス・ギャラリー、東京

1986 エミリオ・アンバース展会場構成、ラホイヤ近代美術館、USA

1985 エミリオ・アンバース展会場構成、アクシス・ギャラリー、東京
代表者名
坂 茂
パートナー
平賀 信孝
ジャン・デ・ ギャスティン
ディーン・ モルツ
従業員数
10
設立年
1985