昭和女子大学附属昭和こども園

世田谷区にある昭和女子大学のキャンパス内に計画した幼保一体型のこども園。要求されたクラスは0歳児から5歳児まで12クラス、延べ223人の子供達のための施設。計画では、園庭を2階レベルに持ち上げ明るい園庭を確保した。西側道路沿いは、子供達のアクティビティが街に溢れ出るようにして、街にも開放的で圧迫感のない優しい建築を目指した。
南東側にある初等部から見る。広い園庭に2層の園舎がのる。右にはキャンパス広場から繋がる大階段。
1階には、低年齢クラスや事務スペース、運動場など、多くの諸室を用意し、全体として8の字を描くような行き止まりのないプランとした。クラス間の壁も最小限に抑え、自由に行き来できる。
2・3階は、プランの自由度を守りつつコンパクトにして、子供達は園庭にどこからでも出ていける。
園庭には2つの丘を作っることで子供達は楽しく駆け回り、その下では多くの光を事務所の奥まで優しく導く。さまざまな操作と配慮の結果、この「昭和こども園」が、昭和女子大学らしいキャンパスとしてだけではなく、街の顔となることを望んでいる。
隆起した緩やかな園庭の下がメインエントランス。
隆起した園庭は天井高を確保し、柔らかい自然光を取り込む。

設計プロセスの中で特に大切にされた点や、設計の手がかりとされた点は何ですか?

「昭和こども園」は、0歳児から5歳児まで12クラス、延べ233人の子供達のための大きな施設です。建築が大きくなっても子供のための施設としてスケールオーバーにならないように心掛けました。
計画敷地は、昭和女子大学のキャンパス内にありキャンパスの広場を受け止めるような位置関係にあり、西側の道路に50mに渡って接しています。「昭和こども園」は、キャンパスの顔としてはもちろん、街に対しても優しい建築となるように心掛けました。


今回のプロジェクトを通して、解決するべき課題、特に困難だった点は何ですか?工夫された点、導入した手法などがありましたらご説明下さい。

建築を社会に開放するということは、透明性があって健全な建築の在り方だと考えていますが、現状の日本の一般社会の中でそれを実際建築で実践するのは、多くの立場の関係者が関わる施設の場合、そんなに簡単ではないことが分りました。一部の関係者とか地域性ということではなく、日本の社会全体の抱える問題だと思います。
1階には回遊性のある中庭を設け、自然光を取り込んでいる。シンボルツリーはハナミズキ。
5歳児保育室。構造壁に造作家具を設置することで、各室を柔らかく仕切っている。
屋上園庭は西側にも設け、回遊性のある広場となっている。
2階園庭側の開口は方立を設けないことで、どこからでも自由に出入りできる。
2階屋上園庭。外壁色は既存園舎を継承した計画とし、3階には旧園舎のステンドガラス、屋根には風見馬が見える。
3階遊戯室。山型天井、床を掘込むことで、天井高さを確保している。正面はステージに両サイドは椅子として利用出来るようにしている。
エントランスの夕景、施設の奥まで見渡せる
ダイアグラム


今回のプロジェクトから学ばれたこと、今後の設計活動に活かされること、課題についてご説明下さい。

住宅設計を中心に活動してきたわれわれが取組んだ一番大きな公共性をもつ建築が出来ました。建築がより大きな公共性を要求される施設では、常に多くの角度からの考え方を取り入れながら確認や検証を設計に反映していかなければなりません。しかし、そこで大切にしたいのは、われわれが住宅設計で培って来たスケール感やきめ細やかさを同時に実現することだと感じました。


現代建築の流れの中で、今回のプロジェクトはどのような位置づけとお考えですか? サステイナビリティー、社会、環境、技術などの視点からお答え下さい。

少子化が進み、都市部と地方の在り方が問われたり、さまざまな要因で社会情勢が変化する中で、建築もその時代のニーズに応えていかなければなりません。都市部に人口が集中するという国家的政策を背景に、それ故に起こる土地の高騰と共働きが多くなる都市環境。「昭和こども園」は、そんな時代背景の中で社会の要求に迫られた保育園と幼稚園が一体となった「こども園」という新しい制度の施設だと考えています。


建築家の社会に対する役割とは何ですか?

今、日本の社会全体は大きな閉塞感を感じストレスを抱えながらも進まなければならないという責任感に追われていると思います。
建築というハード一つで社会を牽引するというような時代ではないと思いますが、建築が技術を含めたその時代の象徴として形に現れているとしたら、やはりその建築の在り方を注意深く検証する必要があります。決してシンボリックに現れる大きな建築だけではなく、住宅には家族や地域社会との関係を見いだすことができるように、われわれもまた誤った方向に社会を導くようなことがあってはならないと思います。やはり建築は、希望としてあるべきだと。

Interview by Ryogo Utatsu / japan-architects

 

 

昭和女子大学附属昭和こども園
2015
東京

建築設計
納谷学 + 納谷新/納谷建築設計事務所

プロジェクトチーム
太田諭、島田明生子

構造設計
昭和女子大学 森部康司研究室 + yAt構造設計事務所

施工
東急建設株式会社

設備
株式会社設備計画

植照明デザイン
岡安泉照明設計事務所

インテリアデザイン
家具/藤森泰司アトリエ
サイン/株式会社インターオフィス + 株式会社粟辻デザイン
カーテン/安藤陽子デザイン

敷地面積
3,112.93㎡

建築面積
1,710.96㎡

延べ床面積
2,898.52㎡(うち容積不算入27.3㎡)

写真
大沢誠一