US

道路面より1.5m程度高い敷地を掘削して生まれた半地下状の凹地を寝室や書斎のためのスペースとすることで、適度に囲われた落ち着いた雰囲気をつくった。その上に直方体のシンプルな箱を乗せリビングと水回りのスペースとした。更にこの直方体のコーナーを切り落とすことで、空に向けた大きな三角形の開口をつくりだした。開口周りにはリビング、テラス、浴室が配置され、周囲の環境と適度な関係を保ちながら様々なアクティビティが展開されることを期待した。
場所
埼玉
Year of completion
2016