M6-house「幾何学の家」

一般的に日本の都市では欧米に比べ敷地面積が狭くなっております。なので、この家のコンセプトは内部空間とバルコニーのうまく活用し、またプライバシーを確保しつつ開放感のある家をデザインしました。家族全員が集まる場所である、リビング・ダイニングでは吹き抜けによって部屋を大きく見せ、また大きな2つの窓によって外からの太陽の光を取り入れ、そして白を基調とした壁からの反射光により部屋の中にいながら自然を感じられるような開放感をだしました。
場所
熊本
Year of completion
2014