菖蒲パーキングエリア「SHOBU 花見 CHAYA」

プロデュース 日の丸サンズ
設計 隈建築都市設計事務所+NODE
施工 ノムラプロダクツ
撮影 シンフォトワークス
所在地 埼玉県 / 菖蒲
竣工年度 2015年

日本を代表する建築家隈研吾氏と共同で、圏央道の白岡菖蒲ICと桶川北本ICの中間地点に立地する、菖蒲パーキングエリアの店舗の照明デザインを依頼された。
圏央道のこの部分は平成27年10月31日に開通し日本の主要道路である中央高速、関越自動車道、及び東北自動車道に通じる事となった。このパーキングエリアはコンペ形式と取られ、日の丸自動車興業グループである日の丸サンズが当選した。 設計期間は数ヶ月と短期間でNEXCO(ネクスコ)より厳しい設計条件の中、花菖蒲をイメージしたペンダント照明で地域性を表現するとともに、品が良く且つ空間に強いインパクトのある空間を演出。 お花見をするような感覚で、買い物や食事を楽しんでいただく事をコンセプトに、この空間はグラフィックと建築とを統合した新たな空間を演出することになった。
場所
埼玉
Year of completion
2015