AOYAMA 346

青山通りの裏手に位置する商業施設に林が切り取られたような庭を設けた。
庭は小枝を編み込んだウォールなど柔らかな自然素材を用いながらも、幾何学的な図形「トライアングル」により構成されている。
その「トライアングル」は建物の内から外へと連続し、それらの形態が建物と呼応し合うことにより、ファサードに自然の息吹を映し出したり、エントランスに至るまでの奥行を演出したり、周辺との違いを生み出したりしている。