イルヴェントの白い寮

「イルベントの白い寮」は、ケース・リアルが手がけた古民家を改築し、寮へと再生するプロジェクトです。瀬戸内海に浮かぶ豊島の長年使われていなかった古民家を改築し、瀬戸内芸術祭2010への出展作品ともなったレストラン/イルヴェント(トビアス・レーベルガー作)の運営スタッフが利用する寮として再生され、現在では一軒家を一軒ごと宿泊施設として再活用されています。

このプロジェクトでは、豊島に住む人々や過疎化によって増え続ける空き家へどのようにコンタクトし、新たな価値を生み出してしてゆけるかが重要だと考えられ、設計されました。

以下、ケース・リアル代表の二俣公一氏にプロジェクトについてお話をお伺いしました。
屋根上から中庭を見る
中庭テラスを見る
プロジェクトの概要をご説明下さい。

昔から変わらぬ島の町並みを壊すことなく新たな要素を導入するため、路地に面する外壁はそのままの状態を維持しました。日本的フォルムの屋根だけは、老朽化のためオリジナルの姿を象りながらリニューアルしています。しかし基本的には素材だけを変え、そのフォルムや色合いは変えていないため、外部からその変化にはほとんど気づかないほどです。 一方 各部屋や中庭などの敷地内部は、新たに設けられた寮としての機能や造作物の全てを、表情やトーンの違う繊細な幾重もの白い材料(木、石、漆喰など)で構成し、新規性を象徴的に示しました。 また、内部空間は3つの個室と1つのラウンジで構成され、それらに囲まれた小さな中庭では、ラウンジから続く白く大きなテラスによって開放感に満ちた溜まり場を実現したいと考えました。 ここに生まれた内外、つまり新旧のコントラストが、島そのものや島に現存する建築物の可能性を広げてくれることを望んでいます。
ラウンジを見る
設計プロセスの中で特に大切にされた点、もしくは設計の手がかりとされた点は何ですか?また、今回のプロジェクトを通して、解決するべき課題、特に困難だった点は何ですか?工夫された点、導入した手法などがありましたらご説明下さい。

過疎化する島の集落における、町並みへの影響やそこへの配慮です。 その配慮こそが、このプロジェクトの設計手法となっています。 築100年ほどの老朽化した空き家をリノベーションするにあたり、施主は周辺への過度な刺激を極力なくしたいという考えを持っていました。そこで、我々は建物の外観全てをこれまでと何も変わらないかのように、既存を無理なく修復するという形でおさめることにしました。ですから、外壁は同じ板張りや左官材で補修し、元々壁などに取り付いていた街灯などもそのまま維持。漏水して痛んでいた屋根については旧い瓦と土を下ろし、既存のフォルムを忠実に再現するかたちで瓦色のガルバニウム鋼板を張り巡らすことで外部からは完全に馴染んだ状態にしました。その代わり、内部的にはあくまで新たな生活要素や機能を必要とすることから、意識的に「新たなもの」=「白」と定義し、徹底的に白い材料で内側を形成しました。つまり、内外に意識的なコントラストをつけることで、新旧の共存を試みたのです。
路地より外観を見る
アプローチを見る
今回のプロジェクトから学ばれたことは何ですか?今後の設計活動に活かされること、課題などについてご説明下さい。

今回のように地域性の強い場所で、どのような建築をつくっていくべきか、周辺環境や元々そこにあるものへの配慮について様々に考えることが出来たのは、今後の設計に活かされるものだったと思います。
エントランスを見る
ラウンジを見る
現代建築の流れの中で、今回のプロジェクトはどのような位置づけとお考えですか? サステイナビリティー、社会、環境、技術などの視点からお答え下さい。

今回のプロジェクトは、空き家となっていた極一般的な田舎の古い木造住宅を改築したものでした。豊島に限らず、空き家で手つかずとなっている住居は全国各地に散在しています。 古いものを有効に再生する手法として、今回のように外観を闇雲に変えることなく、一方で内部を新たな空間として適切に作り込むことは、このようなローカルな場所でのリノベーションの在り方としては、一つの解答とも捉えられるのではないでしょうか。
ROOM1を見る
エントランスよりテラス、ラウンジを見る
建築・建築家の社会に対する役割とは何ですか? / または、インテリアデザイナー 、ランドスケープ・アーキテクト としてお答え下さい。

当たり前のことですが、少しでも美しく豊かに思えるその在り方やスタイルを、リアルな空間やフォルムとして現実に創り込み示してゆくことが大切だと思っています。 それが我々の職能ですし、社会や生活に直にコミットし貢献出来る一番きれいな方法・役割だと思います。 逆に、社会の風景や空気の一旦を担うという観点からも、頓智を唱えるかのようなコンセプトや言葉の明快さに寄り過ぎるあまり、独り善がりで希薄な仕事とならないよう十分に注意すべきです。 
町並みの中の改修された屋根を見る
平面図  ( Drawing ©: CASE-REAL )
立面図  ( Drawing ©: CASE-REAL )

Eメール インタビュー:八木夕菜
イルヴェントの白い寮
2011
香川

発注者
 C・H・C株式会社サークルハウスコーポレーション

建築設計
ケース・リアル

設計代表者
二俣公一、有川靖

ディレクション
松澤 剛

照明デザイン
佐藤政章(ウシオスペックス福岡)

施工会社
ナイカイアーキット

家具製作
E&Y

敷地面積
127.9㎡

建築面積
94.2㎡ 

延床面積
94.2㎡ 

写真
水崎浩志