大東文化大学 東松山キャンパス第1期 食堂棟・研究棟

<新しい学生ライフを司る照明>

大東文化大学東松山キャンパス整備事業計画はマスタープランに基づき2009~2014年の間、4つのフェーズに及ぶ実施期間に入った。ALGは照明コンサルタントを依頼され、フェーズ1である学生食堂+レクチャーホールと研究棟を2012年2月に竣工した。新しい施設はそれぞれがスカイウェイで結ばれており、各建築はエコビルディングとするため、さまざまな省エネの方策が見られる。照明もLEDを主体とした最新の技術を取り入れ、大学側の条件に沿ったカスタムメイドの器具をデザインした。
場所
埼玉
Year of completion
2012