静岡県コンベンションアーツセンター‘GRANSHIP‘

<新しい文化センターのための照明デザイン>

日本が誇る世界的建築家、磯崎新氏が手掛けたプロジェクト。この複合体は大ホール・中ホール・演劇場および国際会議ホールなどを含む。特筆されることは、大ホールの複雑な用途 利用に対応する照明計画の難しさである。大ホールでは静岡県が開催する種々のイベントに対応できるデバイスが建築に組み込まれており、イベントの内容に合 わせてホールは変化する。照明もまた、その変化に合わせてプログラムが変更できるよう設計している。
場所
静岡
Year of completion
1998