東京ミッドタウン

<ニューヨークのFMS社とコラボレーションによる照明>                
ALGは三井不動産の要請によりニューヨークに本社を置くFisher Marantz Stone社とコラボレーションによる照明デザインを行った。六本木ヒルズを担当したALGの小西は、Fisher Marantz Stone社のポール・マランツ氏とコンセプト決定から最後の監理まで共同で照明デザインを試みた。SOMと日建設計が目指した建築コンセプトに対して照明を建築部位に統合し、双方を高め合う照明計画を施した結果、東京ミッドタウンは東京を代表する名所となった。六本木ヒルズとは異なる照明の考え方や雰囲気作りをぜひ楽しんでいただきたい。
場所
東京港区
Year of completion
2007