八ヶ岳の山荘

「八ヶ岳の山荘」は、株式会社 MDS / 森清敏+川村奈津子 設計による、山梨の八ヶ岳の麓に佇む山荘です。日本古来の伝統技術と文化を再認識し、それらを積極的に現代の生活に取り入れることで伝統を継承しています。このプロジェクトでは、障子を積極的に用い、自然と共に生き、風土を大切にする日本人らしい考えを、現代の暮らしに合わせた新しいデザインとして取り入れられました。

株式会社 MDSの森清敏氏と川村奈津子氏にお話を伺いました。
外観
今回のプロジェクトの基本概念をご説明下さい。

自然環境を素直に取り込んだ八ヶ岳の裾野に建つ山荘。冬の寒い時期を考慮し、太陽の光を最大限取り込めるよう建物配置を南に開いた扇状とすることで、常にどこかでひなたぼっこができる間取りを考えました。一方夏は、門型に迫り出した屋根・壁の形態が強い日差しを遮り室内に影をつくるとともに、南北に窓を設けることで家の中を風が通り抜け、涼をとることができます。これらの結果として生まれた形態が、単純な構成の中にも様々なシーンをつくり出しています。  
外観詳細
作品を通して伝えたいことは何ですか?

今回のプロジェクトで採用している「障子」は、日本の伝統的な畳の敷かれた和室で多く使われてきました。近年は現代日本人の生活スタイルの変化によりその和室が減ってきており、同時に障子もあまり使われなくなってきています。しかしながら、障子は光を透過しつつもプライバシーを確保する、断熱においても性能の高い優れモノです。このような優れモノを見す見す使わない手はなく、置き去りにされつつある日本古来の価値あるものを、現代の暮らしに合わせた新しいデザインで取り込んでいきたいと考えています。
玄関から外部を見る
玄関ホール
建築・建築家の社会に対する役割とは何ですか? 

日本人である私たちの役割としてお話しします。日本にはたくさんの優れた伝統産業がありますが、建築家がそれらを積極的に活用しないと衰退していきます。伝統技術を継承するためには、その良さおよび特性をよく理解した上で、それらを生かしたデザインする必要があると考えています。最近、海外で仕事をする機会が増えていますが、日本の伝統技術の素晴らしさを、国内に留まらず海外にも伝えていくことが必要だと考えています。
リビング
現代建築の流れの中で、今回のプロジェクトはどのような位置づけとお考えですか? サステイナビリティー、社会、環境、技術などの視点からお答え下さい。

今回のプロジェクトは風景や気候といった自然環境を素直に捉え、反映させた空間となっており、パッシブデザインに加え、その土地の従来の素材等をふんだんに取り入れたごく自然な形態となっています。それは日本古来の建物の形態および様式を単に取り入れているというのではなく、現代の生活スタイル等に合わせて古き良きものを新しいデザインに置き換えて空間をつくることであり、エコや自然回帰といった言葉が交わされる社会において、ひとつの建ち方だと思っています。
和室からダイニング方向を見る
今回のプロジェクトから学ばれたことは何ですか?今後の設計活動に活かされること、課題などについてご説明下さい。

今回のプロジェクトにおけるテーマのひとつは自然との共生です。太陽光と風、そして風景を如何に取り入れるかを考慮して建物の形態を追求していますが、今後は更にそれを進化させていきます。そしてもうひとつは、伝統技術と文化の継承です。今回は積極的に障子を取り入れたデザインを考えましたが、今後も多岐に亘る伝統技術の職人と共に、日本のものづくりの底力を広く知らしめていきたいと思います。
リビングから外部を見る
寝室から書斎を見る
書斎
欄間
ダイニング夕景
外観夕景
平面図 ( Drawing ©: mds )
断面図  ( Drawing ©: mds )
聞き手:八木夕菜
八ヶ岳の山荘 
2012
山梨

建築設計
株式会社 MDS

設計代表者
森清敏+川村奈津子 

構造設計
大賀成典 / 大賀建築構造設計事務所

施工
高橋建築舎

敷地面積
691.00㎡

建築面積
101.75㎡

延床面積
110.01㎡

写真
矢野紀行