東京, 2011
効率的に配列された教室以外に生徒にとって魅力的な居場所をつくりたいと考えた。以前は南側にあった教室を北側に並べ、南側の廊下は中庭に 面した開放的なつくりである。廊下にはロッカーやカウンターも設置され、中庭側に3.6m突出した部分は、樹木の間に浮かんだツリースペースと呼び、グループ活動の拠点やテラスとした。 more
石川, 2011
未来の図書館 知りたい、本を読んで楽しみたい、想像の世界を旅したい、そうした読書体験は、経済的な豊かさとは別の心の豊かさを感じさせてくれるものの一つだと考えます。その意味で、たくさんの本に囲まれた空間を実現することは、豊かな新しい公共的な価値の創造につながるに違いありません。   日本における図書館は、従来の収蔵、貸出し型から、滞在型図書館へ向かっています。保存、閲覧、管理の... more
沖縄, 2010
風通しがよく空調設備に頼らない、亜熱帯にふさわしい、石垣島に建つ住宅。広大な場所にカジュマルの樹に寄り添うように建つ。外周部に既製コンクリートブロックを一列に列柱のように積んで透かした壁をつくり、毎年訪れる強力な台風を避けて、光と風を取り込み、木陰のような空間をつくりだす。屋根は断熱性を高めるため土砂を盛り、海を眺める緑の庭とした。台風時や家を離れるときは、大きな木の扉を閉めて閉じたハコになる。 more
東京, 2010
コンクリートのH型断面による一方向のラーメン構造を外断熱した4層のスケルトンのような空間。各階は、南側にテラスのような開放的な水周りを配置した単純な平面で、住居からオフィス、店舗まで様々な使い方を許容する。北側に開放した階段とともに街に開いたつながりの強い空間は、人の生活が街に活気を与え街とコミュニケーションする。1, 2階は自社の設計オフィスとして使用している。 more
福岡, 2009
5人の家族のための2層の回廊型住宅で、斜面にあわせてRCの1階に木造の2階がのる。もみじの植わる中庭を囲んで、キッチン、リビング、ライブラリー、子ども部屋が連続した行き止まりのない回廊型のワンルームとなっている。中庭に向かって、木製の建具を全面的に開放することが可能で、風が通り抜け、外部と一体となる。何でもできる巨大なキッチンカウンターや大きなダイニングテーブルが場所の使い方を決めている。 more
愛知, 2008
お寺に付属する納骨堂。長期の耐久性と耐火性を考慮して、プレキャストコンクリートによる躯体に、乾式の石外装で覆っている。水害を考慮して、建物を持ち上げることで、床と壁の隙間から、光と風を取り入れている。屋根は、コールテン鋼をかけて躯体を保護し、通風を確保している。断熱、ガラス、空調、電気設備は一切なく、コーキングによる接合部もない。ひび割れのないコンクリートと鉄の建築である。 more
富山, 2008
中心市街地の4小学校の統廃合と1中学校による連携校。互いの「独立」と「融合」を実現させながら、成長の記録としての学校を「9年間の旅」と題して設計している。全面道路から神通川まで約200mにも及ぶ連続空間に緩やかなカーブを描き、記憶に残る豊かな場面展開をもたらしている。パサージュは大屋根が架かり、雪国での通年の道行き空間が立体的に生まれ、行き交う児童生徒や先生、地域の人たちが自然に交わっている。 more
福井, 2006
田園地帯の新設の中学校。教科センターの運営により、学校全体を生徒が移動することで、自らが主体的に学ぶきっかけや刺激に満ちた体験が可能となる。教科教室とメディアスペース、ホームベースがセットで配置され、体育館を含めて4つの中庭とともに学校全体が一つの大きなかたまりになっている。メディアスペース、体育館、ランチルームが中庭や吹き抜けなどで立体的に連続していて、様々な場所が分散しながら集約している。 more
福岡, 2006
市の中心から地下鉄で20分ほどの丘陵地。既存幼稚園の新築移転。年齢に応じた移動距離や高低差を考え、敷地の棚田を3レベルに整理し、年齢ごとに中庭を囲みながら教室を配置している。園舎は床から1mの高さまで収納や壁で囲み、上部は開放的にしている。大きな庇としての外部廊下を内外一体となった園児の居場所と考えている。大屋根がどこまでも続き、柱が森の延長として自然に溶け込むように、柱は上部で枝分かれし格... more
東京, 2006
学園の一画に新設された中高一貫校。リニアな校舎棟が挟み込んだヴォイドスペースを様々に利用していくことで徐々に建て替えていく計画で、その第1期にあたる。校舎中央の大きな吹き抜け空間は、すべてのクラスが一つ屋根の下で学ぶ「ラーニングアトリウム」と名付けられた自由に交流できる新しい教育の象徴的な空間。この大きな空間は、日差しで温められた空気で暖房し、最上部の窓で建物全体の自然通風を行うことができる。 more
福岡, 2001
閑静な住宅街の一角。将来は雑木林の中に佇む家にしたいというクライアントの希望を実現するため、100坪の外部と100坪の内部を等価に扱い、敷地全体を設計することからはじめた。都市住宅の閉じたコートヤード形式を切断回転したオープンコートタイプとした。巾4mのストリング状の室内が連続し、コンクリート組積造と鉄のカーテンとで風も光も流れる空間を実現している。 more
神奈川, 2000
陶磁器の商社の施設で、物流倉庫、展示販売、レストラン、陶芸教室などが入る商業施設。大きな柱はなく、陶磁器を展示する棚が構造体となっている。厚さ19mm奥行き300mmのフラットバーの柱が1m間隔で片面80本連続し、それに棚板を渡すことで商品などを陳列することができる仕組みである。テンションロッドで座屈防止をはかっている。家具のようなスケールの構造体は、この建築全体を陶磁器を陳列棚のようにみせ... more
2011 金沢海みらい図書館

2011 白梅学園高等学校・清修中学校校舎

2010 石垣島の住宅

2010 HHH

2010 白梅学園地域交流研究センター棟

2009 回廊のある家

2009 三角屋根の家

2008 Berry Bros. & Rudd 東京支店

2008 上宮寺納骨堂

2008 富山市立芝園小学校 芝園中学校

2008 東洋大学共生ロボットハウス

2007 Galleria 商. Tokyo

2007 井の頭通りの住宅 

2006 白梅学園 清修中学校

2006 永福の集合住宅

2006 坂井市立丸岡南中学校

2006 さつき幼稚園

2005 東京ガスパビリオン

2005 OSS-Building

2005 大泉学園の家

2005 スリットの家

2004 うららの家

2004 中伊豆の別荘

2004 House SOHO

2003 まごめ共同保育所

2003 ライトコートの家

2002 夕陽を望む家

2001 ふわっとハウス

2001 オープンコートの家

2001 福岡市立 博多小学校,奈良屋公民館

2000 ベイ・ステージ下田

2000 有田陶芸倶楽部

2000 奈良屋幼稚園

1998 大阪市水上消防署庁舎

1997 大阪市水上消防署仮設庁舎

1996 那須の別荘

1995 千葉市立打瀬小学校

1995 Art Hut SD

1993 大阪ガス未来型実験集合住宅NEXT21 303住戸

1993 a.i.s

1991 大阪国際平和センター

1990 桜台アパートメント

1989 Trans    
共同者名
工藤 和美
堀場 弘
設立年
1986
従業員数
16
専門分野
建築企画・設計・監理
及び地域・都市計画に関する企画・調査・研究